今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2010年07月24日

☆【2010年 函館記念 予想】荒れるハンデ重賞も近年は平穏?1番人気の信頼度は重賞実績でジャッジ!

2010年7月25日 2回函館4日
9R 第46回函館記念 (G3)
3歳上・芝2000m

【過去10年の人気別連対数・データとポイント】
人気薄の連対目立つも近年は平穏。
1番人気馬は芝2000m重賞実績の有無で判断。


函館記念過去10年の人気別連対数1番人気馬が最多4連対。2番人気、4番人気馬がそれに次ぐ3連対。

1番人気(2-2-0-6)連対率40.0%
2番人気(1-2-3-4)連対率30.0%
3番人気(0-1-1-8)連対率10.0%
4番人気(3-0-1-6)連対率30.0%
5番人気(0-0-0-10)連対率0.0%
6〜9番人気(3-2-4-31)連対率12.5%
10番人気以下(1-3-1-49)連対率7.4%

最多の連対数とはいえ、1、2番人気馬で合わせて3勝では信頼が置けるとは言いがたいところ。ハンデ戦の影響か6〜9番人気の馬が5連対、10番人気以下からも4連対で、人気薄の連対が目立ちます。

7番人気以下の人気薄同士での決着は10年間で3回(00年14-7番人気、01年9-14番人気、07年7-9番人気)。ただ馬連別連対数でも触れたように、ここ5年間で荒れたのは07年のみ。近年は上位人気馬と中位人気馬の組み合わせで決着することが増えてきました。

もちろんこれには、1番人気の馬が馬券に絡む回数が増えたことも影響していて、00〜02年までは[0-0-0-3]だったのに対し、03年以降は[2-2-0-3]で連対率も57.1%と復調気配。

1番人気に推された馬の中でも特に好成績を収めていたのが、芝2000mでの重賞実績があった馬。条件的には「芝2000m重賞で3着以内」があれば、[2-2-0-2]で連対率も66.7%と好成績。さらにこの6頭のうち、57キロの斤量を背負った馬(5歳以上)なら[1-2-0-0]で信頼度も◎。

前日(7/24)時点で人気を集めているのはジャミール(牡4)。芝2000mでは500万下で2連対があるものの重賞実績はナシ。いわゆる「危険な人気馬」という扱いをするのが賢明かもしれません。

2、3番人気のフィールドベアー(牡7)とドリームサンデー(牡6)は、互いに芝2000mでの重賞実績アリ。斤量も57キロで条件には当てはまりますが、馬齢がネック。それでもジャミールよりは好走する可能性が高い!?と見てもいいかもしれません。
| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。