今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2010年07月08日

☆【第46回 七夕賞 予想】10〜50倍の中穴決着が多い!前走着順より、コース適正のある馬が狙い目!

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

【過去10年の配当別連対数・データとポイント】
10〜50倍の中穴決着が多い!
前走着順は軽視して、コース適正のある馬が狙い目!


七夕賞過去10年の前走着順別連対数過去10年で最も多いのは10〜50倍の中穴決着ですが、10倍以下の配当は一度もありません。

ここ10年では8回が10〜100倍未満の配当で決まっており、中穴決着に落ち着く傾向にあるようです。

連対馬の人気を見てみると、上位人気である1〜3番人気の馬同士での決着は06年の3-1番人気決着のみ。
他の年は、必ず4番人気以下の人気薄が連に絡んでいます。

また、近6年の連対馬の人気を見てみると、12頭中6頭は6番人気以下の人気薄の馬。
その6頭の前走を見てみると、08年11番人気2着ミストラルクルーズ、07年6番人気1着のサンバレンティン、05年8番人気2着のトーセンダンディ、04年9番人気2着のストロングブラッドの4頭は、それぞれ前走エプソムC(G3)で14着、8着、7着、18着に。
08年7番人気1着のミヤビランベリと04年8番人気1着のチアズブライトリーの2頭は、それぞれ前走1600万条件で13着、オープン戦で9着に大敗した馬でした。

しかし、その6頭中4頭は芝1800〜2200mの重賞で勝利実績がある馬。残る2頭は、小回りの芝コースを使って2勝を挙げている馬でした。
前走着順は軽視して、小回りの芝コースや、重賞実績のある馬を重視したほうがよさそうです。

今走では、同競馬場の芝2000mの重賞実績馬として、
サニーサンデー/09年福島記念杯(G3)1着
トウショウシロッコ/09年福島記念杯(G3)2着
アルコセニョーラ/09年七夕賞(G3)2着
の3頭が出走を予定しています。

中でもアルコセニョーラは、福島の芝2000mでの戦績は[1-2-0-3]で連対率50.0%の福島巧者。見直す価値はありそうです。


| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。