今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2009年08月13日

【クイーンS】過去9年で逃げ馬が6勝と大活躍!! 今年注目の逃げ馬は!?

2009年08月16日 2回 札幌 6日
09RクイーンS(G3)
3歳上 芝1800m

【RACE PROFILE】
夏の札幌の牝馬限定重賞。
99年までは3歳牝馬の秋華賞トライアルとして中山で行われていたが、00年から8月の札幌に移動し、古馬牝馬に解放された。
昨年は2番人気のヤマニンメルベイユが逃げ切り重賞2勝目を挙げた。


札幌競馬場 芝1800m コースデータ
札幌芝1800m.gif
【解説】
逃げ先行馬有利。
多頭数の外枠は不利。

スタート地点は正面スタンド前。
ホームストレッチの半ば付近だが、最初のコーナーまでの距離は約180mしかない。
見た目以上に最初の直線が短く、いきなりレースの流れを左右する勝負どころになる。

各馬はなるべく早く1コーナーに飛び込みたいところだが、直線が短すぎて簡単にいい位置は取れない。
最後の直線距離はAコース時が266.1m、Bコース時が267.6m、Cコース時が269.1m。
古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-3F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、36.6-36.3-35.9=1.48.8。

前半3ハロンの平均は36.6だが、前述したように1コーナーまでの距離が短いため、レースによってバラツキがある。
前に行きたい馬が揃うと35秒台になるし、先行争いが激しくならなければ37秒台で入る。
2コーナーを過ぎて向正面に入ったところでは隊列が落ち着き、後半のラップは前半の流れに影響される。

脚質的には逃げ・先行馬が有利。
上級クラスになるほどテンの主導権争いは厳しくなりペースは上がるが、それでも前々でレースを進めていた馬が残るのが特徴。

通常、開幕週に行われるクイーンSは逃げ馬の天下。
穴を狙う場合も、人気薄の前残りを狙うのがセオリー。
逃げ馬、先行馬の単勝回収率が高い。

枠順は基本的に内がいいが、内で出脚が悪いとへこまされて簡単に位置取りが悪くなるので諸刃の剣。
中枠から先行できるタイプが最もリスクが少ない。

種牡馬成績はスペシャルウィークが優秀。
回収率も高め。
数は少ないがエルコンドルパサー、ジェイドロバリー産駒の一発に注意。
(コース解説:JRA-VAN)

過去9年で逃げ馬が6勝と大活躍しているクイーンS。
今年のメンバーを見てみると、馬券から“外せない逃げ馬”は...ヤマニンメルベイユくらいで…先行馬も含めて見ても、目ぼしい馬はザレマくらいでしょうか。
昨年に続き古馬がマイペースで逃げ切る、そんな展開も十分ありえそうですね!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
人気ブロガーたちの予想がいっぱい!!
北九州記念の予想はコチラからもどうぞ!
競馬サーチ.com


| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。