今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2009年07月08日

【七夕賞】過去の連対馬脚質と福島競馬場の特徴から割り出した、今年の穴馬!!

福島競馬場 芝2000m コースデータ
fs_t2000.gif
【解説】
逃げ先行馬有利。
馬場荒れると差し決まる。

スタート地点はホームストレッチの右端。4コーナーのポケット。
高低差はそれほどないが坂の頂上に位置し、スタンド前の直線は谷を下って上るような感じになる。
最初の1コーナーまでの距離は約500m。枠順はフラット。
十分距離はあるが、1コーナーまでの攻防は忙しくなりやすく、前半600mまでのラップが速くなる。全体的に平均ペース以上の流れになり、最後はスタミナも要する消耗戦。

特に開催後半で馬場が荒れ出すと、その傾向が顕著。
芝2200〜2500mといった、芝2000mよりも少し長めの距離実績がある馬に注意。
加えて、小回り向きの先行力が必要になり、粘り込んで穴をあけるシーンも。
七夕賞や福島記念に代表されるように波乱傾向が強い。
ハンデ重賞だからという面もあるが、多頭数になったら人気サイドでは簡単に決まらないと考えていいだろう。

【データ】
穴は前に行ける馬。
軽量の逃げ馬に注意。

090712fs11_01.gif
逃げ馬が5連対。
00年の東京を除くと9年で4連対。
昨年は7番人気のミヤビランベリが逃げて穴をあけた。
軽ハンデの逃げ馬には要注意。
差し追い込みより、ある程度前につけた馬が穴をあける傾向がある。

【ポイント】
脚質は馬場次第。
整備状況に注意。

最終週で馬場の内側が荒れると外差しが決まるが、ローラーをかけて馬場を整備すると逆に内をロスなく回った馬が好走することもある。
馬場の整備状況で連対する馬の脚質が変わる点に注意したい。
(text:競馬大予言)
出走確定前ですがこの傾向に当てはまる、逃げ〜先行脚質の登録馬は、シャドウゲイト(斤量57.5キロ)、デストラメンテ(54キロ)、ニルヴァーナ(56キロ)の3頭。
ちなみにシャドウゲイトの57.5キロはトップハンデ。

注目したいのはデストラメンテ(牡5)
福島芝2000mは[0・2・0・1]で、着外は休養明けでのもの。
斤量も前走から2キロ減と恵まれており、穴馬候補として期待したいところです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
人気ブロガーの予想がいっぱい!!
七夕賞、プロキオンSの予想はコチラからもどうぞ!
競馬サーチ.com


| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。