今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2009年06月09日

【6/14 エプソムカップ(G3)】コースの特徴と過去10年の脚質別連対数

東京競馬場 芝1800m コースデータ
tk_t1800
スタート地点は1〜2コーナーの間にあるポケット。
正面から見ると斜めに横切り、向正面の直線に合流するという特殊なコースとなっている。

スタートから向正面の合流地点までの距離は約150m。
ここまでの位置取りの攻防はかなり重要で、レースの流れにも影響する。

内枠を引いた方がコーナーリングの際に距離ロスを避けることができるが、馬群が必然的に内々に寄ってくるので、不利を受けることがある。
手ごろな頭数ならばそういった不利は少ないので、どの枠でもあまり気にすることはない。
多頭数になった場合は大外枠も不利。
真ん中ぐらいがいい。

全体的な流れは落ち着きやすく、逃げ・先行有利。
重賞クラスでも超スローの上がり勝負になることはめずらしくない。
そうなった場合は、速い脚を持っている馬が強いが、あまり後ろにいると届かない。
そのため、前半の位置取りが重要になってくる。

【データ】
逃げ馬は不振。
差し馬の活躍目立つ。

【エプソムカップ(G3)】過去10年の脚質別連対数
逃げ馬の連体は内を通った馬が有利な馬場だった05年のみ。
展開や馬場に恵まれないと苦しい。
中心は9連対の差し馬。
東京コースは直線が長い。
中団あたりから切れる脚を使った馬が活躍している

【ポイント】
内が有利な馬場なら、
1枠の人気馬に注目。

枠番別では1枠が[3・2・1・13]で勝率16%、連対率26%と高い。
1枠で5番人気以内に支持された馬は[3・1・1・4]で連対率44%。仮柵移動などで内を通った馬が有利になることが多い。
1枠の人気馬に注目。
(text:競馬大予言)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
人気ブロガーの予想がいっぱい!!
エプソムカップ(G3)、CBC賞(G3)の予想はコチラからどうぞ
競馬サーチ.com


| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。