今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2009年04月28日

【5/3 天皇賞・春(G1)】過去10年の傾向と対策◆人気別連対数◆

【天皇賞(春)とは?】
最強ステイヤー決定戦。長距離G1の菊花賞と関連が強く、過去10年で菊花賞連対馬7頭が連対している。
最近は人気薄の連対が目立ち波乱傾向。
昨年は阪神大賞典を勝ったアドマイヤジュピタがG1初制覇を飾った。

>>>2009年5月3日 京都10R 天皇賞(春)(G1)の出馬表

【DATA】
最近は1番人気不振。
人気薄の連対が目立つ

090503kt10_01.gif
最近6年で1番人気の連対は06年のディープインパクトのみ。
99年から02年までは人気馬同士の決着で堅かったが、最近は人気薄の連対が多くかなり荒れている。

人気の盲点になった長距離実績馬に注意。
【POINT】
断然人気にならない
1番人気は過信禁物


1番人気は単勝2.0倍以下なら[3・0・1・0]で勝率75%。
単勝2.1〜2.9倍は[1・0・1・1]、3倍以上は[0・0・1・2]。
単勝オッズが高くなるほど信頼度は下がる。

最近は断然人気にならない1番人気は危険。

現段階で1番人気を集めそうな馬といえば、昨年1着のアドマイヤジュピタと同じく、前走で阪神大賞典を勝利しているアサクサキングス。

重賞連覇で挑むアサクサキングス。寺島助手は「昨年以上にいい形で来られた。ここまで2つ勝ってきているし、馬も良くなった。勢いもあるのでね」と手応えをつかんでいる。
雨の降る重馬場で3000mの長丁場。阪神大賞典後は、さすがに反動は大きかった。だが、入念なケアを2週間ほど施し、乗り出してからは順調に回復。「疲れは出たけど、乗り越えてくれた。力をつけてきたんだと思う」と充実ぶりを感じ取っていた。凱旋門賞にも登録を済ませた。まずは国内制圧。スランプから抜け出したアサクサキングスが、古馬の頂点を狙う。(netkeiba.com)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
競馬好きの予想がいっぱい♪
競馬予想【ブログ村】


【参照元】競馬大予言





| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。