今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2010年09月19日

☆【2010年 セントライト記念 予想】過去10年の傾向総まとめ!実績面なら一枚上手!ゲシュタルト◎

[セントライト記念] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回中山4日
10R 第28回 セントライト記念(G2)
3歳・芝2200m

■予習【1】 中山競馬場 芝2200mコースデータ
直線手前からのロングスパート、切れ味<スタミナ重視!

■予習【2】 過去10年間の前走着順別連対数
前走ダービー組は一桁着順、条件戦馬は3着まで!

■予習【3】 過去10年間のレース間隔別連対数
ゲシュタルトは安泰?間隔4〜9週の条件戦組の激走に注意!

■予習【4】 過去10年間の脚質別連対数
前後半ほぼ同しペースで流れる。逃げ先行馬の粘り込みに注意!

■予習【5】 過去10年間の人気別連対数
人気馬決着が多いが、近年は波乱傾向?ダービーひと桁着順の1番人気馬は堅実!

□予想【1】
実績面で一枚上手!◎ゲシュタルト!全17頭の厩舎直前コメント(1)
□予想【2】
実績面で一枚上手!◎ゲシュタルト!全17頭の厩舎直前コメント(2)

◎ 03ゲシュタルト
○ 13クォークスター
▲ 15ヤマニンエルブ
△ 05フェイルノート
△ 02アロマカフェ

ダービー経由の休養明け、ラジオNIKKEI杯上位馬、夏の条件戦勝ち馬が激突。

◎はダービー4着ゲシュタルト。1番人気に推された馬は過去10年で6連対と安定した成績を残しているものの、2着が4回と多いのは気がかりなところ。脚質やこの距離の連対実績などからも本命と見て良さそうです。

相手はラジオNIKKEI杯の連対馬のうち、距離と中山実績で勝る○クォークスター。明確な逃げ馬不在ですが、外枠から前に行けそうな▲ヤマニンエルブ。この距離も経験済みで期待できそうです。

紐にラジオNIKKEI杯勝ち馬アロマカフェ。前走昇級戦ながら500万条件を快勝したフェイルノート

☆【2010年 ローズステークス 予想】過去10年の傾向総まとめ!渋太さ見せる◎オウケンサクラ!

[ローズステークス] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回阪神3日
10R 第28回 ローズステークス(G2)
3歳・芝1800m

■予習【1】 阪神競馬場 芝1800mコースデータ
阪神千八は枠の内外差ほとんどなし。逃げ馬不振で差し有利!

■予習【2】 過去10年間のレース間隔別連対数
夏に使われた馬は不振、春G1からの直行馬を信頼!

■予習【3】 過去10年間の脚質別連対数
阪神外回りの長い直線、決め手のある差し馬が断然有利!

■予習【4】 過去10年間の前走着順別連対数
前走着順の目安は4着以内。重賞からの巻き返しも10着前後まで!

■予習【5】 過去10年間の人気別連対数
上位人気馬堅実で、穴でも9番人気以内から!1番人気のオークス馬は勝てない?!

□予想【1】
条件変わりで渋太さ見せる!◎オウケンサクラ!全12頭の厩舎直前コメント(1)
□予想【2】
条件変わりで渋太さ見せる!◎オウケンサクラ!全12頭の厩舎直前コメント(2)

◎ 03オウケンサクラ
○ 05アパパネ
▲ 12エーシンリターンズ
△ 07アグネスワルツ
△ 08レディアルバローザ

前走や脚質、距離やコース実績から考えてもグリグリの二重丸が付いておかしくないアパパネ。関東馬(1-2-1-15)連対率16%、関西馬(9-8-9-98)連対率14%で、阪神開催ながら所属も心配する必要はなさそう。ただ唯一気になるのが「オークス勝ち馬のジンクス」。

アパパネは断トツの1番人気になるだろうと考えて、◎はオウケンサクラ。相手に○アパパネ。今走と同じく阪神芝1800mで行われた桜花賞の着順を考慮して、単穴▲エーシンリターンズ。前走オークスでは14着と大敗したものの、ここでの着順は直結しないと見ます。

オークス3着のアグネスワルツは、距離実績の面で割り引き。阪神3勝、キングカメハメハ産駒のレディアルバローザまで。
2010年09月18日

☆【2010年 セントライト記念 予想】実績面で一枚上手!◎ゲシュタルト!全17頭の厩舎直前コメント(1)

[セントライト記念] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回中山4日
10R 第28回 セントライト記念(G2)
3歳・芝2200m

1枠1番ナイスミーチュー(牡3)|56`|*三浦皇成|(栗)橋口弘次
「もともと攻め馬は目立つ動きをする方ではないので、遅れは気にならないよ。初重賞の前走が差のないレースをしてくれたし、当時より力を付けた今なら期待の方が大きいね」(橋口調教師)
まだ成績に波があり、アテには。

1枠2番アロマカフェ(牡3)|56`|*武豊|(美)小島太
「今日はラスト重点の追い切り。余力十分だったし、動きは本当に良かった。春と違い、体が丈夫になり思い通りの調教ができるようになったし、前走より数段上のデキで臨める。これなら期待に応えられると思うよ」(小島太調教師)
ラジオNIKKEI賞を勝った後はここを目標に調整。中山は得意で上位争いは可能。

2枠3番ゲシュタルト(牡3)|56`|池添謙一|(栗)長浜博之
「今日はラストを一杯に、の指示。先週よりだいぶ動きが変わってきたよ。ダービーでは速い上りにも対応できたし、今回はこの先が楽しみになるような結果を出して欲しいね」(長浜調教師)
ダービー4着。中山はスプリングSで2着がありOK。ここでも上位争いは可能。

2枠4番ミッションモード(牡3)|56`|*北村宏司|(美)藤沢和雄
「久々を一叩きした強味があるし、春当時より体質がしっかりしてきたからね。デキが違う今ならここでも期待の方が大きいよ」(藤沢和雄調教師)
久々を一叩き。上積み見込める今回は要注意。

3枠5番フェイルノート(牡3)|56`|松岡正海|(美)和田正道
「仕上げに手間取らないタイプ。ここにきて馬体に実が入って、パワーアップしてきたし、レース上手な馬だからこの条件もピッタリだと思う。今のデキなら重賞でも」(和田正道調教師)
久々の500万を33秒台の末脚で勝利。未勝利の時に強敵相手に善戦した力は一概に軽視は……。

3枠6番シルクスチュアート(牡3)|56`|*村田一誠|(美)奥平雅士
「放牧明けになるけど、向こうで乗り込んできたのでマズマズの仕上がり。ただ今回は久々で重賞だからね。いきなりはどうかと思う」(奥平雅士調教師)
距離は合いそうだが、条件的には厳しいか。

4枠7番ベストアンサー(牡3)|56`|*吉田隼人|(美)戸田博文
「休養を挟み2連勝とかなりの素質を感じるね。精神的に大人になってきているし、集中して走ってくれれば、この相手でも遜色ない競馬ができると思う」(斎藤調教助手)
新潟の500万で33秒フラットの末脚で快勝。決め手はなかなかで、嵌れば。

4枠8番ミキノバンジョー(牡3)|56`|太宰啓介|(栗)大橋勇樹
「先週速いところをやっているので、今週は軽め。だいぶ気合いが乗ってきたし、距離も克服は可能。力を付けてきた今ならここでも……の気持ち」(大橋調教師)
夏の上り馬。距離が課題だが、血統からはこなせるハズ。
(セントライト記念 - Yahoo!スポーツ 競馬)

☆【2010年 セントライト記念 予想】実績面で一枚上手!◎ゲシュタルト!全17頭の厩舎直前コメント(2)

[セントライト記念] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回中山4日
10R 第28回 セントライト記念(G2)
3歳・芝2200m

5枠9番ファーストグロース(牡3)|56`|吉田豊|(美)大久保洋
「追い切りは時計的にも上々だったし、体付きもだいぶ良くなってきた。あとはこの馬向きの流れになってくれるようなら……」(大久保洋吉調教師)
夏場を使ってきた強味はあるが、まだオープンでは厳しそう。

5枠10番ゲームマエストロ(牡3)|56`|田中勝春|(美)宗像義忠
「楽な手応えで先着したように、久々を叩いた効果は見込めるね。前走を勝って勢いはあるので、あとは距離に対応できるかどうかだと思う」(宗像調教師)
500万を勝ったばかり。どちらかと言うとマイラーのイメージがあり、距離が課題。

6枠11番シャイニンアーサー(牡3)|56`|*横山典弘|(美)藤沢和雄
「馬が成長して放牧から帰ってきました。今はブリンカーを着けなくてもレースに集中できると騎手(横山典弘)も言ってくれたし、楽しみが出てきましたよ」(藤沢和雄調教師)
決め脚はあるが、この相手に入るとワンパンチ不足か。

6枠12番ダークシャドウ(牡3)|56`|*四位洋文|(美)堀宣行
「前走のレースがいい経験になったと思う。流れは向かなかったけど、ビッシリ追われたからね。あの経験は今回に生きると思うし、素材もいいものを持っている馬。ここでも楽しみはあるよ」(橋本調教助手)
久々を一叩き。2連勝した馬でまだ底割れしていない魅力がある。

7枠13番クォークスター(牡3)|56`|*藤岡佑介|(美)堀宣行
「遅れは意識的に下げたもので、動きは良かったよ。前走は惜しい2着だったけど、毎回キッチリ力を出し切るし、相手ナリの堅実な競馬をしてくれる。春当時より力を付けていることは確かで、今回も期待は十分」(橋本調教助手)
ラジオNIKKEI賞2着。相手ナリに走る堅実さは高く評価でき、今回も崩れはないハズ。

7枠14番ガナール(牡3)|56`|*戸崎圭太|[地]荒山勝徳
「今回は放牧から帰っての一戦。デキも8分あれば、といった状態ですからね。この一追いで変わってくれればいいんですが……」(荒山調教師)
芝は一度経験済み。ただ取り消し後でいきなりは?

8枠15番ヤマニンエルブ(牡3)|56`|*柴山雄一|(栗)村山明
「前走が競りかけられる厳しい展開でも、最後は突き放す強い内容。今回は56キロがどうかだけど、自分の競馬に徹して頑張って欲しい」(鹿屋調教助手)
目下3連勝。マイペースで行けるかどうかが鍵だが、勢いに乗ってみる手も。

8枠16番ヤングアットハート(牡3)|56`|藤田伸二|(美)松山康久
「一息入ったが一追い毎に動きは良くなってきた。走れる仕上がりになってきたし、距離の延長もこの馬にはプラスに出ると思う」(松山康久調教師)
500万勝ち後の一戦。毎回大崩はしないが、この条件ではもう一押しが欲しい感じ。

8枠17番コスモヘレノス(牡3)|56`|*丹内祐次|(美)菊川正達
「放牧先でも乗り込んできたので仕上がりは悪くないよ。体のほうも戻っているからね。あとは相手関係だけだと思う」(菊川調教師)
オープンではクラス慣れが先決か。
(セントライト記念 - Yahoo!スポーツ 競馬)
◎ 03ゲシュタルト
○ 13クォークスター
▲ 15ヤマニンエルブ
△ 05フェイルノート
△ 02アロマカフェ

ダービー経由の休養明け、ラジオNIKKEI杯上位馬、夏の条件戦勝ち馬が激突。

◎はダービー4着ゲシュタルト。1番人気に推された馬は過去10年で6連対と安定した成績を残しているものの、2着が4回と多いのは気がかりなところ。脚質やこの距離の連対実績などからも本命と見て良さそうです。

相手はラジオNIKKEI杯の連対馬のうち、距離と中山実績で勝る○クォークスター。明確な逃げ馬不在ですが、外枠から前に行けそうな▲ヤマニンエルブ。この距離も経験済みで期待できそうです。

紐にラジオNIKKEI杯勝ち馬アロマカフェ。前走昇級戦ながら500万条件を快勝したフェイルノート

☆【2010年 ローズステークス 予想】条件変わりで渋太さ見せる!◎オウケンサクラ!全12頭の厩舎直前コメント(1)

[ローズステークス] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回阪神3日
10R 第28回 ローズステークス(G2)
3歳・芝1800m

1枠1番タガノエリザベート(牝3)|54`|川田将雅|(栗)松田博資
「相変わらず追い切りの動きはいいね。ただ、この馬は普段は大人しいのにレースにいくと掛かる面がある。その点がどうかな。体付きは春当時とあまり変わっていないかな」(松田博資調教師)
一線級に入ると、力の差は歴然。

2枠2番ラガーリンリン(牝3)|54`|松山弘平|(栗)池添兼雄
「帰厩してから日は浅いけど、放牧先でも乗り込んできたし、先週もビシッとやっているからね。芝に関してはまだ何とも言えないけど、折り合って行けるようなら」(池添調教助手)
芝、この相手では上位はムリ。

3枠3番オウケンサクラ(牝3)|54`|*内田博幸|(栗)音無秀孝
「今日は前半が速くなったが、それは問題ないよ。先週も速いところを既に済ませているから。正直、8分くらいの仕上がりだが、本番はまだ先。現時点ではこの程度でも十分だと見ている」(音無調教師)
オークスは位置取りが悪くなり、動くに動けず。スムーズなら見直せる1頭。

4枠4番トゥニーポート(牝3)|54`|*和田竜二|(栗)加用正
「追い切りは予定より速かったけど、心配はないと思う。それだけ状態がいいと言えるしね。だいぶ中味がしっかりしてきたし、相手は強いけど使っている強味を生かせれば」(加用調教師)
札幌で500万勝ち。いきなりこのメンバーでは厳しい。

5枠5番アパパネ(牝3)|54`|蛯名正義|(美)国枝栄
「前走後は放牧には行かず、美浦でシッカリと調整してきた。ここまで無事にきたのは何よりだよ。追い切りは併せ馬の形にならなかったが、ラストまでしっかり伸びていたし、動きは文句ナシ。競馬だから絶対はないけど、三冠を狙える立場にある馬。いい形で本番に臨みたいと思う」(国枝調教師)
乗り込み入念。早めの栗東入りも好感が持てるし、距離関係無く今回も上位争い。

5枠6番アニメイトバイオ(牝3)|54`|後藤浩輝|(美)牧光二
「美浦で十分乗り込んできたし、先週に比べても動きが更に良くなっている。息の面も良くなっているしね。中味ができて成長の跡も窺えるのは何より。オークスでは折り合いも付いていたし、今回2度目の騎乗で連携もうまく取れると思う。本番に向けていいスタートを切りたいね」(後藤騎手)
オークスは4着。距離をこなせたのは収穫。今回の距離はプラスでここも崩れはないハズ。
(ローズステークス - Yahoo!スポーツ 競馬)

☆【2010年 ローズステークス 予想】条件変わりで渋太さ見せる!◎オウケンサクラ!全12頭の厩舎直前コメント(2)

[ローズステークス] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回阪神3日
10R 第28回 ローズステークス(G2)
3歳・芝1800m

6枠7番アグネスワルツ(牝3)|54`|柴田善臣|(栗)宮本博
「先週やっているので、今週はこれで十分。暑さが厳しく夏負けを心配していたが、幸い夏負けもせず無事に過ごせた。ここにきて馬がシャキッとして戦闘モードになってきたし、今回の舞台も問題ナシ」(宮本調教師)
オークスは直線で一旦は先頭。距離短縮の今回は一気の逃げ切りも。

6枠8番レディアルバローザ(牝3)|54`|*幸英明|(栗)池江泰郎
「夏負けは解消してきたし、今週の動きもマズマズ。体は増えていると思うけど、成長分もあるからね。仕上がりに関しては悪くないと思う。折り合いが付く馬なので距離も問題ないと思うよ」(村本調教助手)
少し夏負けが尾を引いている感じだが、急ピッチの調整。今回初距離だが、ギリギリ我慢は利きそう。

7枠9番ワイルドラズベリー(牝3)|54`|*安藤勝己|(栗)中尾秀正
「少し時計は速くなったかもしれないけど、内めを回ったこともあるので、心配はないと思う。動き自体は良かったからね。あとは当日、パドックで落ち着いていれば、レースでも折り合いが付くと思うので」(中尾秀正調教師)
末脚は確かだが、阪神に良績がない点に不満が残る。坂がネックかも。

7枠10番タガノイノセンス(牝3)|54`|赤木高太|(栗)岡田稲男
「今回は中1週の競馬なのでこの程度で十分。前走は久々に加え、ゲートで躓く不利。叩いた上積みがあるとは言え、今回は相手が揃ったね」(横井調教助手)
相手が強く、上位は?

8枠11番ニチドウルチル(牝3)|54`|*田嶋翔|(栗)小島貞博
「北海道から帰厩してからも順調そのもの。動きも悪くないよ。あとはスムーズな競馬をしてどこまでやれるかだね」(松井調教助手)
ここに入ると格負けは否めず。

8枠12番エーシンリターンズ(牝3)|54`|福永祐一|(栗)坂口正則
「放牧の効果で馬がフックラ。今で460キロ前後あるからね。飼い食いの方も以前より良くなってきているのもいいと思う。オークスは距離が敗因。この距離ならアパパネと差はないと思うし、楽しみはあるよ」(坂口正則調教師)
休ませて体がフックラ。オークスは距離も影響したが、この距離なら見直せる。
(ローズステークス - Yahoo!スポーツ 競馬)
◎ 03オウケンサクラ
○ 05アパパネ
▲ 12エーシンリターンズ
△ 07アグネスワルツ
△ 08レディアルバローザ

前走や脚質、距離やコース実績から考えてもグリグリの二重丸が付いておかしくないアパパネ。関東馬(1-2-1-15)連対率16%、関西馬(9-8-9-98)連対率14%で、阪神開催ながら所属も心配する必要はなさそう。ただ唯一気になるのが「オークス勝ち馬のジンクス」。

アパパネは断トツの1番人気になるだろうと考えて、◎はオウケンサクラ。相手に○アパパネ。今走と同じく阪神芝1800mで行われた桜花賞の着順を考慮して、単穴▲エーシンリターンズ。前走オークスでは14着と大敗したものの、ここでの着順は直結しないと見ます。

オークス3着のアグネスワルツは、距離実績の面で割り引き。阪神3勝、キングカメハメハ産駒のレディアルバローザまで。
2010年09月17日

☆【2010年 セントライト記念 予想】人気馬決着が多いが、近年は波乱傾向?ダービーひと桁着順の1番人気馬は堅実!

[セントライト記念] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回中山4日
10R 第28回 セントライト記念(G2)
3歳・芝2200m

過去10年の人気別連対数・データとポイント

人気馬決着が多いが、近年は波乱傾向。
ダービーひと桁着順の1番人気馬は堅実。


セントライト記念過去10年の人気別連対数
1、2番人気で計12連対と、連対の半数以上を占めています

1番人気【2-5-0-3】連対率70.0%
2番人気【3-2-1-4】連対率50.0%
3番人気【1-0-1-8】連対率10.0%
4番人気【0-2-1-7】連対率20.0%
5番人気【1-0-1-8】連対率10.0%
6〜9番人気【2-1-4-33】連対率7.5%
10番人気以下【1-0-2-67】連対率1.4%

過去10年のうち4年は1、2番人気同士での堅い決着。ただし1番人気は7連対をあげているものの、内訳は1着2回に2着が5回。上位争いは必至なものの、1着固定はあまりオススメできません。

05年以降の勝ち馬は8、12、1、9、2番人気で、最近は伏兵馬の激走も増えてきている点に注意。

セントライト記念の注目は、ダービー4着のゲシュタルト

過去10年で前走ダービーに出走し最先着した馬は(4-3-1-2)。このうちセントライト記念で1、2番人気以内に支持されていた馬は、(3-3-0-1)で連対率85.7%。

ダービーひと桁着順で、当日1、2番人気に支持されれば、連軸に据えても良さそうです。

☆【2010年 ローズステークス 予想】上位人気馬堅実で、穴でも9番人気以内から!1番人気のオークス馬は勝てない?!

[ローズステークス] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回阪神3日
10R 第28回 ローズステークス(G2)
3歳・芝1800m

過去10年の人気別連対数・データとポイント

上位人気堅実で、穴も9番人気以内から。
1番人気のオークス馬は連対ナシ。


ローズステークス過去10年の人気別連対数
過去10年で3勝2着3回、1番人気が最多連対数を誇ります。

1番人気【3-3-1-3】連対率60.0%
2番人気【2-1-2-5】連対率30.0%
3番人気【1-1-1-7】連対率20.0%
4番人気【0-1-1-8】連対率10.0%
5番人気【2-1-2-5】連対率30.0%
6〜9番人気【2-3-1-34】連対率10.0%
10番人気以下【0-0-2-57】連対率0.0%

特にここ5年を見てみると、1番人気は(2-2-1-0)で連対率80%、複勝率100%と堅実です。

全体を見てみると、勝ち馬9頭、2着馬8頭は6番人気以内の上位人気馬で占められています。残る3頭の連対馬も7、8、9番人気。二桁人気は(0-0-2-57)で連対ゼロ。

08年は7番人気のマイネレーツェル、9番人気のムードインディゴで決着し、馬連で2万円台がつく大波乱となりましたが、基本的には上位人気馬が堅実なレースと見ていいでしょう。

問題は今走1番人気に推されるであろう、現在二冠のアパパネ

過去10年の1番人気馬のうち、オークスから直行した馬は過去に6頭いて(1-2-0-3)。そのうちオークスに勝ってここにきた馬は(0-0-0-3)と、3着もなく大不振。

オークス勝ちのアパパネが1番人気になったら、避けた方が無難という傾向も。仕上げ如何といったところでしょうか。
2010年09月16日

☆【2010年 セントライト記念 予想】前後半ほぼ同しペースで流れる。逃げ先行馬の粘り込みに注意!

[セントライト記念] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回中山4日
11R 第64回 セントライト記念(G2)
3歳・芝2200m

過去10年の脚質別連対数・データとポイント

前後半ほぼ同しペースで流れる。
基本は先行馬の粘り込み


セントライト記念過去10年の脚質別連対数
過去10年で12連対の先行馬が抜群の好成績。

逃げ【1-1-0-9】連対率18.2%
先行【6-6-7-18】連対率32.4%
中団【2-2-3-60】連対率6.0%
後方【0-1-0-38】連対率2.6%
マクリ【1-0-0-1】連対率50.0%

良馬場で行われた過去8回の前半3ハロンの平均タイムは35秒35、後半3ハロンが35秒62。外回りの芝2200mでは前半と後半がほぼイーブンのペース、流れも落ち着きやすいようです。

秋のG1を目指す実力馬が揃うため、能力のある馬が先行して押し切るようなケースが多く、先行馬が6勝2着6回で12連対と、圧倒的な成績を残しています。

連対率も逃げ馬18.2%、先行馬32.4%で総じて前に行く馬が優勢。

4コーナーの位置取りを見てみても、4角4番手以内で回った馬が(8-7-7-28)と、連対の半数以上をあげており、強烈な上がりの脚よりも、脚を長く使える馬を選びたいところ。

なおハナを切りそうなヤマニンエルブ、3連勝の勢いをそのまま持ち込みたいところです。

☆【2010年 ローズステークス 予想】前走着順の目安は4着以内。重賞からの巻き返しも10着前後まで!

[ローズステークス] ブログ村キーワード

2010年9月19日 4回阪神3日
10R 第28回 ローズステークス(G2)
3歳・芝1800m

過去10年の前走着順別連対数・データとポイント

目安は前走4着以内。
オークス、クイーンSからの巻き返しも10着前後まで。


ローズステークス過去10年の前走着順別連対数
連対数、率の両方を見ても、おおよそ前走4着以内が有力。

前走1着【3-1-4-53】連対率6.6%
前走2着【2-4-5-6】連対率35.3%
前走3着【1-1-0-8】連対率20.0%
前走4着【2-0-1-5】連対率25.0%
前走5着【0-0-0-8】連対率0.0%
前走6〜9着【2-2-0-20】連対率16.7%
前走10着以下【0-2-0-18】連対率10.0%

連対馬の過半数は前走でも馬券圏内を確保していました。

以前は夏の古馬混合戦で好レースをして来た馬が、春からの休養明けの馬を相手に勝ち負けを演じていました。しかし05年以降の連対馬を見ると、1〜3着に入った15頭のうち実に14頭が桜花賞、オークスのどちらかに出走しています。

基本は春の実績馬を優先したいところです。オークスからは勝ち馬アパパネ、2着アグネスワルツ、4着アニメイトバイオあたりが有力。

6着以下から巻き返したのもG1オークス、G2クイーンSで凡走した馬。03年2着のヤマカツリリー、08年2着のムードインディゴがこのパターン。

今走では、オークス8着→クイーンS13着のモーニングフェイスが該当します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。