今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2010年08月14日

☆【2010年 北九州記念 予想】52キロ馬を筆頭に軽ハンデ馬有利!重ハンデはコース適性が必須!

[北九州記念] ブログ村キーワード

2010年8月15日 2回小倉2日
10R 第45回 北九州記念 (G3)
3歳上・芝1200m

【過去4年の斤量別連対数・データとポイント】
基本的には52キロ前後の軽ハンデ馬重視。
重ハンデ馬はコース適性必須。


北九州記念過去4年の斤量別連対数連対馬が広がっている印象を受けますが、多くは斤量55キロ以下の馬。

49kg以下(0-0-0-3)連対率0.0%
49.5〜51kg(0-1-2-8)連対率9.1%
51.5〜53kg(2-1-0-20)連対率13.0%
53.5〜55kg(1-1-0-10)連対率16.7%
55.5〜57kg(1-0-2-8)連対率9.1%
57.5kg以上(0-1-0-3)連対率25.0%

その中でも最も多く連対していたのが、52キロを背負った馬で2勝2着1回(2-1-0-9)連対率25%。

斤量54キロ(1-1-0-7)が連対率22%、斤量50キロ(0-1-0-3)も連対率25%の成績を残していることからも、軽ハンデは大きなプラス要素になりそうです。

トップハンデ、重ハンデを背負った馬では、06年に58キロを背負いながらも2着に好走したゴールデンキャストのみ。ただ、小倉で11戦して[3-3-2-3]とコース巧者ぶりを見せた当馬のように、多少のハンデを背負っても高いコース適性があれば不利はカバーできそう。

今年は最も重くても斤量56キロ、該当するのは5頭。中でもシャウトライン(小倉[3-0-2-3])とサンダルフォン(昨年勝ち馬)はコース経験も十分、怖い存在です。

注目の斤量52キロはストリートスタイルスカイノダンメリッサの3頭が背負います。特にスカイノダンは小倉で3戦3連対と目を引きます。ただ前日段階で人気が集まっているようなので、扱いに悩むところです。

<先週の的中結果>

7/31日の3レースを予想して1点1000円で24点、合計24,000円分を購入しました。
気になる結果は…?

7/31 小倉1R 2歳未勝利
◎17テイエムキューバを軸に馬連5点、3連複10点で15,000円投資!
↓結果↓
馬連7.2倍、3連複35.8倍が的中!28,000円のプラスです!
馬連と3連複、ドンピシャで来ました!

7/31 函館8R 北洋特別
◎01アドマイヤロイヤルから流して馬連で4点、4,000円を購入。
↓結果↓
7.4倍的中!3400円のプラス
紐で3連複も取れたのに、勿体なかったかも…

7/31 小倉7R 3歳未勝利
◎02ライブリフライトを軸に馬連5点で予想!
↓結果↓
6.6倍的中!1,600円プラス
こちらも紐で3連複が取れた馬券。最後の最後で弱気になってしまいました…

トータルの的中金額は57,000円!
元手の24,000円を差し引いて、33,000円のプラス収支!回収率は237.5%でした。
今週はちょっとゼイタクしちゃおうかな♪

☆【2010年 クイーンS 予想】前走重賞組が活躍も、特注は4連対している条件戦組!

[クイーンステークス] ブログ村キーワード

2010年8月15日 1回札幌2日
9R 第58回 クイーンS (G3)
3歳上・芝1800m

【過去10年の前走クラス別連対数・データとポイント】
前走重賞組が活躍。
連対馬の4割は人気薄の条件戦組。


クイーンS過去10年の前走クラス別連対数前走重賞を走ってきた馬が15連対で最多。

500万下(0-0-0-1)連対率0.0%
1000万下(0-2-1-10)連対率15.4%
1600万下(2-0-2-12)連対率12.5%
OPEN特別(1-0-0-20)連対率4.8%
G3(4-6-4-33)連対率21.3%
G2(0-0-0-3)連対率0.0%
G1(3-2-2-17)連対率20.8%

その中でも10連対している前走G3組、5連対しているG1組が目につきます。
しかし今回注目したいのは、数では4連対と少ないものの、人気薄で馬券に絡んだ前走条件戦を走ってきた馬。

前走条件戦を走って連対した馬4頭のうち3頭は、6、7、10番人気でした。格上相手の昇級戦で人気が集まりづらい割りには、連対率はなかなかのもの。馬券的にも妙味がありそうです。

今走では、前走条件戦を走ってきた馬としてマルティンスターク、カウアイレーン、ダークエンジェル、ラヴドシャンクシーが出走予定。

そのうちラヴドシャンクシーは、前走1000万下条件で小回りの福島1800mコースで逃げ切り勝ち。クイーンSでは逃げ馬が有利な傾向にあるため、飛び出せれば面白いかも知れません。

<7/31レース結果|33,000円勝ち!>

7/31日の3レースを予想して1点1000円で24点、合計24,000円分を購入。57,000円的中して、33,000円のプラス収支でした!

7/31 小倉1R 2歳未勝利
◎17テイエムキューバを軸に馬連5点、3連複10点で15,000円投資!
↓結果↓
馬連7.2倍、3連複35.8倍が的中!28,000円のプラスです!
馬連と3連複、ドンピシャで来ました!

7/31 函館8R 北洋特別
◎01アドマイヤロイヤルから流して馬連で4点、4,000円を購入。
↓結果↓
7.4倍的中!3400円のプラス
紐で3連複も取れたのに、勿体なかったかも…

7/31 小倉7R 3歳未勝利
◎02ライブリフライトを軸に馬連5点で予想!
↓結果↓
6.6倍的中!1,600円プラス
こちらも紐で3連複が取れた馬券。最後の最後で弱気になってしまいました…

トータルの的中金額は57,000円!
元手の24,000円を差し引いて、33,000円のプラス収支!回収率は237.5%でした。
今週はちょっとゼイタクしちゃおうかな♪
2010年08月13日

☆【2010年 北九州記念 予想】波乱傾向強く人気薄の連対が目立つ。波乱を演出するのは、人気薄の軽量馬!

[北九州記念] ブログ村キーワード

2010年8月15日 2回小倉2日
10R 第45回 北九州記念 (G3)
3歳上・芝1200m

【過去4年の人気別連対数・データとポイント】
波乱傾向強く人気薄の連対が目立つ。
波乱を演出するのは、人気薄の軽量馬!


北九州記念過去4年の人気別連対数1番人気は過去4年で1連対のみ。毎年人気薄の連対が目立っています。

1番人気(1-0-1-2)連対率25.0%
2番人気(0-1-1-2)連対率25.0%
3番人気(0-1-0-3)連対率25.0%
4番人気(0-1-1-2)連対率25.0%
5番人気(0-0-0-4)連対率0.0%
6〜9番人気(1-1-0-14)連対率12.5%
10番人気以下(2-0-1-25)連対率7.1%

1番人気で連対したのは08年、後にスプリンターズSを勝ったスリープレスナイトのみ。過去4年の連対馬8頭のうち、半数の4頭は6番人気以下の人気薄でした。

馬連配当を見てみても、06年107.6倍(11-4番人気)、07年386.3倍(11-6番人気)、08年15.2倍(1-3番人気)、09年31.7倍(8-2番人気)で万馬券が2回と荒れ模様。08年を除いた4年のうち3年で伏兵馬が勝利していることからも、人気薄の馬を頭に上位人気馬は押さえ候補とする方が良さそうです。

なお6番人気以下から連対した4頭のうち3頭は、斤量52キロの軽量馬でした。今回52キロを背負うスカイノダン(小倉[2-1-0-0])あたりが人気薄になると面白いかもしれません。

☆【2010年 クイーンS 予想】上位人気は軸として信頼。洋芝適正ある馬が人気薄になると妙味アリ。

[クイーンステークス] ブログ村キーワード

2010年8月15日 1回札幌2日
9R 第58回 クイーンS (G3)
3歳上・芝1800m

【過去10年の人気別連対数・データとポイント】
上位人気は軸として信頼。
洋芝適正ある馬が人気薄になると妙味アリ。


クイーンS過去10年の人気別連対数1番人気の馬が6連対で最多。次いで2番人気の馬が連対しています。

1番人気(2-4-0-4)連対率60.0%
2番人気(2-1-2-5)連対率30.0%
3番人気(1-0-3-6)連対率10.0%
4番人気(0-1-0-9)連対率10.0%
5番人気(2-0-1-7)連対率20.0%
6〜9番人気(2-3-3-32)連対率12.5%
10番人気以下(1-1-1-36)連対率5.1%

1番人気馬の内訳を見てみると、2勝2着4回。勝ちは少ないものの2着には食い込んでおり、安定しています。
さらに、1〜3番の上位人気馬が総崩れしたのは04年と05年の、5-6、5-10番人気決着の2回だけ。
10年中8年では連に絡んできており、1〜3番人気馬は軸として信頼できそうです。

その相手としてきているのが、7番人気までの人気薄馬。
過去10年で連に絡んだ8番人気以下の馬は、05年ヘヴンリーロマンス(10番人気)と09年ピエナビーナス(11番人気)の2頭のみ。
この2頭は函館、札幌コースでの連対率、複勝率が高く洋芝に適正があった馬。
他はすべて、7番人気以内の馬が連対していました。

今走では、洋芝適正を持っているのはピエナビーナスのみ。
近2走は函館で7、6着と負け越していますが、札幌の成績は[2-1-0-1]で連対率75%。
札幌コースでは好走が多く、連敗続きで人気が落ちるようなら、妙味があるかも知れません。
2010年08月12日

☆【2010年 北九州記念 予想】群を抜く好成績の4歳馬。狙うはレース間隔の短い牝馬!

[北九州記念] ブログ村キーワード

2010年8月15日 2回小倉2日
10R 第45回 北九州記念 (G3)
3歳上・芝1200m

【過去4年の年齢別連対数・データとポイント】
4歳馬が群を抜いて好調。
牝馬にも十分チャンスあり!


北九州記念過去4年の年齢別連対数4歳馬が2勝、2着2回に3着も3回と群を抜いて好成績。

3歳(0-1-0-7)連対率12.5%
4歳(2-2-3-6)連対率30.8%
5歳(0-0-1-21)連対率0.0%
6歳(2-1-0-9)連対率25.0%
7歳以上(0-0-0-9)連対率0.0%

その他の世代では3歳馬に2着が1回あるものの、良績が集中しているのは4、6歳の偶数世代馬。連対数ではほぼ同数なものの、連対率の高さに加え3着が3回ある4歳馬が抜け出た感があります。

なお今回出走を予定している4歳馬4頭は、すべて牝馬

併せて性別連対数も見てみると、牡騙馬[2-2-2-31]で連対率10.8%なのに対して、牝馬は[2-2-2-21]で連対率14.8%。他のレースに比べ、牝馬の出走数自体が多いのも北九州記念の特徴のようで、結果もほぼ互角。

過去の成績を見ても毎年牝馬は連対しているものの、牝馬同士で決着した年はナシ。牝馬が軸なら相手は牡馬、もしくはその逆ということも覚えておきたいところです。

4歳牝馬レディールージュコウエイハートは共に27週の休み明け。10週以上間隔が開いた馬は[0-0-0-9]、まったく勝てていないのを見ると厳しそう。今回は条件戦を使っての中3週、勢いのあるデグラーティアスカイノダンに期待します。
2010年08月11日

☆驚異の複勝率は5割超!絶好調なあのジョッキーで今週の札幌を攻略!?

ダグラス・ホワイト騎手

「ハハハ、ニッポンでイッパイ稼グヨロシ!!」

かわいいお子さんふたりを抱えているのは、7月24日から短期免許を取得して参戦しているダグラス・ホワイト騎手

ゴーグルしてるとわからないけど結構イケメンじゃん…なんて話はさておき、このホワイト騎手の騎乗成績がなかなかどうしてスゴイことになっているぞ、ということなのでご紹介。

7月24日〜先週までで、マイネルスターリーに騎乗し勝利したG3函館記念を含む44戦11勝、2着6回、3着8回。勝率25%、連対率38.6%、複勝率は56.8%と好成績を挙げています。

JRA通算では271戦44勝、2着31回、3着29回(勝率16.2%、連対率27.7%、複勝率38.4%)の成績ですが…これを「短期免許期間」に限定すると、195戦36勝、2着25回と、連対率は3割超(31.3%)をマーク。

短期免許で日本に来る外国人ジョッキーといえば、2003年の皐月賞をネオユニヴァースで制したミルコ・デムーロ騎手や、2005年の有馬記念でハーツクライに騎乗し、無敗の三冠馬ディープインパクトに初めて土をつけた、クリストフ・ルメール騎手など、ここぞというところで頼りになるジョッキーが多い印象。

なおダグラス・ホワイト騎手は今週札幌で開催される、G3クイーンステークスヒカルアマランサス(牝4)に騎乗予定。前走マーメイドSでは案外だったものの、2走前のヴィクトリアマイルではゴール前でかわされたものの、ブエナビスタに同タイムのクビ差2着。洋芝に対応できるか否かがポイントになるかもしれませんが、そこは鞍上の力でナントカ。

その他、以下のレースでホワイト騎手が騎乗予定となっています!

■8月14日 1回札幌1日
9R 札幌日刊スポーツ杯(1600万下) アグネスナチュラル(牝4)
11R 大倉山特別(1000万下) ベルスリーブ(牝5)

■8月15日 1回札幌2日
8R 羊蹄山特別(1000万下) ウインブシドウ(牡3)
9R クイーンステークス(G3) ヒカルアマランサス(牝4)
11R 支笏湖特別(1000万下) ダークシャドウ(牡3)

参考(1):外国人騎手が短期免許で、日本のレースに騎乗してますが、みなさんが一番頼りにし... - Yahoo!知恵袋
参考(2):D.ホワイト騎手、今年の短期免許成績は、複勝率.568 - トピックス 競馬ブックweb

☆【2010年 クイーンS 予想】逃げ馬、先行馬が活躍。目安は最終コーナー5番手以内!

[クイーンステークス] ブログ村キーワード

2010年8月15日 1回札幌2日
9R 第58回 クイーンS (G3)
3歳上・芝1800m

【過去10年の脚質別連対数・データとポイント】
逃げ馬、先行馬が活躍。
目安は最終コーナー5番手以内!


クイーンS過去10年の脚質別連対数逃げ馬が6勝と大活躍。後方からの差しは届いていません。

逃げ(6-0-0-4)連対率60.0%
先行(3-4-4-26)連対率18.9%
中団(1-5-4-41)連対率11.8%
後方(0-0-2-28)連対率0.0%
マクリ(0-1-0-0)連対率100.0%

逃げ馬に次いで先行馬が3勝2着4回で7連対。中団からの差しが届いたのは1頭だけですが、2着5回と健闘しています。
それより後ろに位置すると連対すらなく不振。馬券に絡むのは中団につけられた馬までに限られそうです。

おおよその目安は最終コーナーで5番手以内
連対馬20頭のうち18頭がこの条件を満たしており、あらかじめ前で競馬できないと厳しいでしょう。

また、過去10年の連対馬20頭のうち14頭は、1800m以上での重賞で連対しているか、1800mを使ったレースで勝ちがある馬でした。
条件を満たさない6頭のうち3頭は、キャリアが浅く斤量も軽い3歳馬。(3歳馬に関しては軸は5番人気以内の4歳馬。妙味アリは6〜9番人気の3歳馬!
1800m以上で実績がある馬に注目したいところです。

今回のメンバーの中であらかじめ前方に位置できそうなのはアプリコットフィズブラボーデイジープロヴィナージュマルティンスタークラヴドシャンクシーあたり。
中でもブラボーデイジーは、芝1800mで行われた10年の福島牝馬S(G3)で2着があります。期待したいところです。

☆【2010年 北九州記念 予想】ハイペースで逃げ馬には苦しい前傾ラップ。先行〜中団の差し追い込みが決まる!

[北九州記念] ブログ村キーワード

2010年8月15日 2回小倉2日
10R 第45回 北九州記念 (G3)
3歳上・芝1200m

【過去4年の脚質別連対数・データとポイント】
ハイペースで逃げ馬には苦しい前傾ラップ。
先行〜中団の差し追い込みが決まる!


北九州記念過去4年の脚質別連対数過去4年、先行〜中団の馬同士の差し決着が続いています。逃げ、追い込み馬の連対はゼロ。

逃げ(0-0-0-4)連対率0.0%
先行(3-1-3-11)連対率22.2%
中団(1-3-0-19)連対率17.4%
後方(0-0-1-18)連対率0.0%

前半3ハロンの平均タイムは32秒68、後半3ハロンが35秒00。前半が速い前傾ラップで上がりがかかる展開になっています。前を走る馬には苦しいレースになりやすく、逃げ馬は不調。

ただあまりに後方からでは届いておらず、4角付近で最低でも馬群の中団、10番手以内には位置できる馬が良さそうです。

前走アイビスSDを逃げ切ったケイティラブ(牝6)は傾向的には不利ながらも、メンバー中わかりやすい逃げ馬はこの1頭だけ。内沿いの馬場状態などを土曜のレースで見ながら、判断をしたいところです。
2010年08月10日

☆【2010年 クイーンS 予想】軸は5番人気以内の4歳馬。妙味アリは6〜9番人気の3歳馬!

[クイーンステークス] ブログ村キーワード

2010年8月15日 1回札幌2日
9R 第58回 クイーンS (G3)
3歳上・芝1800m

【過去10年の年齢別連対数・データとポイント】
軸は5番人気以内の4歳馬。
妙味アリは6〜9番人気の3歳馬!


クイーンS過去10年の年齢別連対数過去10年で4歳馬が6勝。2着も2回で8連対と好成績。

3歳(1-3-3-19)連対率15.4%
4歳(6-2-1-32)連対率19.5%
5歳(2-5-5-34)連対率15.2%
6歳(1-0-1-12)連対率7.1%
7歳以上(0-0-0-2)連対率0.0%

4歳馬で連対したのはすべて5番人気以内の馬。この条件で絞り込むと、[6-2-1-10]で連対率42.1%とさらに堅実さが増します。
ただ、過去10回中8回で連対しているものの、4歳馬同士の決着はなく相手には3、5歳馬が来ています。

5番人気以内の4歳馬を軸として、相手を3、5歳馬から選ぶのがよさそう。

また、3歳馬の中でも3着以内に好走していた馬に注目してみました。

過去10年で7頭いますが、そのうち07年2着イクスキューズ、03年1着オースミハルカ、02年3着サクラヴィクトリアは、6、7、9番人気の人気薄馬。
重賞実績がある斤量55kg以上の古馬を相手に、53kg以下と斤量面で有利な3歳馬の激走が見られました。

3連単、3連複に人気薄の3歳馬を絡めると妙味がありそう。

今走、人気になりそうな4歳馬としてはヒカルアマランサス。3歳馬は4頭いますが、アプリコットフィズショウリュウムーンではなく、人気にならなそうなモーニングフェイスに注目してみるとおもしろいかもしれません。
タグ:2010 予想

☆【2010年 北九州記念 予想】前走着順は関係なし?穴を開けるのは条件戦勝ち馬!

[北九州記念] ブログ村キーワード

2010年8月15日 2回小倉2日
10R 第45回 北九州記念 (G3)
3歳上・芝1200m

【過去4年の前走着順別連対数・データとポイント】
前走着順は関係なし?
穴を開けるのは条件戦勝ち馬!


北九州記念過去10年の前走着順別連対数前走の勝ち馬が最多の3連対をマークしています。

前走1着(2-1-3-11)連対率17.6%
前走2着(0-1-0-1)連対率50.0%
前走3着(0-0-0-1)連対率0.0%
前走4着(1-0-1-1)連対率33.3%
前走5着(0-1-0-0)連対率100.0%
前走6〜9着(1-1-0-19)連対率9.5%
前走10着〜(0-0-0-19)連対率0.0%

その内訳をレースのクラスで見てみると、1600万条件戦の勝ち馬は[0-0-0-5]なのに対して、1000万条件戦の勝ち馬が[1-0-2-3]で複勝率50%。このうち牝馬だと[1-0-1-0]で複勝率100%という成績が残っています。

前走1000万条件戦を勝ってきた馬は、格上の重賞挑戦でハンデが一気に軽くなることが影響しているようです。今走ではユメイッポ(牝5)が「前走1000万条件戦勝ちの牝馬」。傾向からは複勝濃厚、期待したいところです。

なお、出走予定馬の半数を占める前走G3組は[1-1-2-24]で連対率7.1%とイマイチな成績。連対したのは2頭とも牝馬で、牡馬は[0-0-1-15]でよくて3着まで。特にアイビスSDの勝ち馬は、06年サチノスイーティーが13着、07年サンアディユが7着、カノヤザクラが3着と、人気を集めるものの不振に終わる傾向もあるようです。

ここは格よりも勢いを重視、人気薄の条件戦勝ち馬に妙味がありそう。先程のユメイッポの他に、北九州短距離Sの勝ち馬デグラーティア(牝4)、同2着スカイノダン(牝4)。このあたりが人気薄になるようであれば波乱に賭けるのも手です。
タグ:2010 予想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。