今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2010年07月06日

☆【第46回 七夕賞 予想】前走敗退馬が巻き返す?!前走エプソムC組に要注意!

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

【過去10年の前走着順別連対数・データとポイント】
前走敗退馬が巻き返す?!
前走エプソムC組に要注意!


七夕賞過去10年の前走着順別連対数前走1着の馬が連対率最多。6着以下に負けた馬の巻き返しも見られます。

前走1着(2-3-2-15)連対率22.7%
前走2着(0-0-1-7)連対率0.0%
前走3着(2-0-1-7)連対率20.0%
前走4着(0-1-0-9)連対率10.0%
前走5着(1-0-1-8)連対率10.0%
前走6〜9着(4-4-4-29)連対率19.5%
前走10着〜(1-2-1-34)連対率7.9%

最も高い連対率を誇るのは、連対率22.7%で前走を勝ってここに来た馬でした。
ただし前走で5着以下に負けた馬(前走6〜9着)も連対率19.5%と巻き返しが見られます。
10着以下に負けた馬の連対率は7.9%と、このあたりから巻き返している馬はほとんどいません。

また、巻き返した馬に共通点がないかと、前走レース名にも注目してみました。

前走で6着以下に敗れたものの、七夕賞で巻き返し連対した11頭の前走レースを見てみると、重賞では安田記念(G1)から3頭、エプソムC(G3)から3頭、ダイヤモンドS(G3)から1頭。その他オープン戦から3頭、条件戦から1頭が連対していました。

過去10年の連対馬全20頭の前走レースの中でも、特にエプソムCを経由してきた馬は、2勝2着2回で4連対[2-2-5-19]と好成績。
連対した4頭に3着馬5頭を加えた計9頭のうち、実に7頭は5着以下に敗れていた馬でした。エプソムC組では、負けた馬ほど巻き返しに注意、といったところでしょうか。

そのエプソムCからは、3着だったキャプテンベガ、以下7着デストラメンテ、9着ブレーブハート、15着キョウエイストームの4頭が出走を予定しています。7着以下だった3頭は、今走では斤量が2キロ以上軽くなるだけに、傾向の通り一変する可能性も十分ありそうです。
2010年07月05日

☆【第46回 七夕賞 予想】初夏の福島名物G3!梅雨時の開催で、馬場状態は?

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

【七夕賞 プロフィール】

06年から開催されている、「サマースプリントシリーズ」の開幕戦となるレースです。

夏競馬の名物、福島ハンデ重賞。06年からサマー2000シリーズに指定されました。
ハンデのためか波乱傾向が強く、万馬券も飛び出すなど、穴党に人気。
昨年は1番人気のミヤビランベリが抜け出して1着。七夕賞2連覇を決めています。
[PR]混迷の七夕賞を制す方程式は!?

【福島競馬場 芝2000m コースデータ】
福島芝2000mコースデータ
【解説】
初夏の福島名物G3!
梅雨時の開催で、馬場状態は…?


 スタート地点はホームストレッチの右端、4コーナーのポケット。高低差はそれほどないが坂の頂上に位置し、スタンド前の直線は谷を下って上るような感じになる。

最初の1コーナーまでの距離は約505m(Aコース時)。最後の直線距離はAコース時が292m、Bコース時が297.5m、Cコース時が299.7m。古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、35.3-49.1-36.5=2:00.9。スタート後、最初の1コーナーまでは十分距離はあるが、前半3ハロンは35.3秒と忙しい。4ハロン以降になるとペースはやや緩むが、ゴールまで12秒台前半の持続的なラップが続く。

全体的に平均ペース以上の流れになり、最後はスタミナも要する消耗戦。しかし、差し・追い込み馬の出番はそう多くはない、小回り向きの先行力が必要になる。

枠順は内枠が若干有利で、あとはほぼフラット。

血統的には芝1800m同様、ヘイルトゥリーズン系全般との相性が抜群。特にマンハッタンカフェ、フジキセキ、スペシャルウィークは回収率でも優秀な成績だ。また七夕賞や福島記念に代表されるように波乱傾向が強いコース。下級条件でも同様で、多頭数になったら人気サイドでは簡単に決まらないと考えていいだろう。
(コース解説:JRA-VAN)
(コースデータ:競馬のまぐまぐ!)

[PR]厳選6点!!週末スグ使える馬券情報、無料提供中!!
小回りで直線が短いため、逃げ馬、先行馬が有利な傾向。
差し、追い込み馬は早めに上がれる馬じゃないと厳しそうで、小回りをこなす器用さが問われます。また、梅雨時の最終週に開催されることもあって、馬場状態が大きなポイントになりそう。

今走では、ハイペースの2番手から勝ち切った、09年福島記念(G3)の内容が強いサニーサンデー
09年ラジオNIKKEI賞で、トップハンデを背負ったサニーサンデーに0秒2にまで迫ったイコピコ
08年4着も、3着のマイネルキッツから0秒2差にまで詰め寄る好走を見せたキャプテンベガ
昨年七夕賞2着、福島記念、新潟記念を勝っているローカル巧者のアルコセニョーラなどが出走を予定しています。

☆【第15回 プロキオンS 2010年】ハイペース必至!上がり不要でダート血統が強い阪神ダート1400m!

[プロキオンステークス] ブログ村キーワード

2010年7月11日 3回阪神8日
10R 第15回 プロキオンS(G3)
3歳上オープン・ダート1400m

【プロキオンS プロフィール】
00年に開催時期が4月から2ヶ月遅くなったプロキオンステークス。
JRAで行われるダート1400mの重賞は、フェブラリーSの前哨戦・根岸Sと、このプロキオンSのみ。短距離路線の重賞自体の数が少なく、このレースに照準を定めた力量馬が会するせいもあってか、過去10年1番人気になった馬はすべて連対。人気どころでの決着が目立っています。
昨年は3番人気のランザローテが重賞初制覇。2着には1番人気のトーホウドルチェが入り、傾向どおりの堅い決着となりました。
[PR]混迷のプロキオンSを制す方程式は!?

【阪神競馬場 ダート1400m コースデータ】
阪神競馬場 ダート1400m
【解説】
ポケットの芝スタートでテンが速い。
上がり不要でダート上位血統が強い。

スタート地点は2コーナー奥のポケットの芝の部分。ただし、芝1800mや芝1400mのスタート地点であるポケット部分よりも内側にあるコースが使用されており、芝コースの本線とは重ならない。ダート1200mのスタート地点からそのまま左に200m延長したところにある。

3コーナーまでの距離は542m。内枠と外枠では芝コースを走る距離が違い、外枠の方が芝部分を長く走ることになる。最後の直線距離は352.5m。

古馬1000万クラスの平均レースラップ(3F-1F-3F)と勝ち時計(良馬場)は、34.9-12.1-37.3=1.24.3。テンからペースが厳しくなり、前半3ハロンの平均は1200mとそれほど変わらない。クラスが上がるほど中盤から後半にかけての緩みがなくなり、ラスト1ハロンのところでグイと時計がかかる。そこでの凌ぎ合いが見もの。

好走馬の大半は逃げ、先行馬であるが、1200mほど逃げ馬は残れない。その分、差し、追い込み馬が突っ込んでくる。枠順はトータルで見てしまうと、大きな特徴はない。ただ、前へ行きたい馬ならば内〜中枠から出て行く方が楽。好位抜け出しタイプでも揉まれないメリットがあるので、外枠でも大丈夫。

重賞のプロキオンSでは、実際に外枠の好走馬が目立つ。結局のところ、相手関係、頭数、自身の脚質によるところが大きい。

種牡馬成績はクロフネ、ブライアンズタイム、アグネスタキオン、タイキシャトル、フジキセキが上位の顔ぶれ。ミスタープロスペクター系は頭数が多い割には、どれもが平均的な成績。
(コース解説:JRA-VAN)
(コースデータ:競馬のまぐまぐ!)

[PR]厳選6点!!週末スグ使える馬券情報、無料提供中!!
状態良好なポケット芝からのスタートで、テンが速くなる条件が揃います。その分上がりのかかる競馬になりやすく、逃げ馬は苦戦。先行馬の先差しががデフォルトとなっています。

デビューから6戦負けなしで来たナムラタイタン(牡4)。前走から相手は強くなりますが、斤量1キロ減で走り慣れた阪神に戻ってきます。順調なら当日1番人気も確実でしょうし、過去の人気馬の傾向通り、勝って連勝を7に伸ばせるでしょうか。

相手は、ダートなら7戦6勝2着1回と100%の連対率を誇るサマーウインド(牡5)。根岸Sではそのサマーウインドを差し切ったグロリアスノアなど、ダート短距離路線の実力馬が揃っています。
2010年07月03日

☆【第59回 ラジオNIKKEI賞 2010年】条件勝ちの勢いそのまま!アースガルド◎全16頭の厩舎直前コメント(1)

[ラジオNIKKEI賞] ブログ村キーワード

2010年7月4日 2回福島6日
11R 第59回 ラジオNIKKEI賞(G3)
3歳オープン・芝1800m

1枠1番|ドリームカトラス(牡3)|53`|国分恭介|(栗)佐々木晶
「追い切りはいつも通り。ここにきて馬に前向きさが出てきているし、折り合いに注文が付く馬じゃないので距離延長は問題ナシ。あとはスピードを生かすためにも良馬場でやりたいね」(佐々木晶三調教師)
前走がレコード勝ち。距離は問題なく、良馬場なら。

1枠2番|レッドスパークル(牡3)|55`|*藤岡康太|(栗)藤岡健一
「追い切りではあまり動かない馬にしては良く動いたと思う。タイプ的に前半はどうしても置かれるので、なるべく前がやり合う流れになって欲しいね」(藤岡健一調教師)
ここ2走が案外だが、東京スポーツ杯で3着。小回りを克服できれば。

2枠3番|ジャングルハヤテ(牡3)|52`|西田雄一|(美)本郷一彦
「先週速いところをやったので、今週は馬なりだけどいい動きだった。今回は昇級戦になるが、52キロで出られるし、ハンデ差を生かせば善戦も可能と見ている」(本郷調教師)
もう少し距離があった方がよさそう。

2枠4番|ガルボ(牡3)|57`|*吉田豊|(美)清水英克
「今日はラストまでしっかりした脚取り。先週より馬に覇気が出てきた感じがする。前走はレース前のイレ込みがきつかったけど、今回は1日前に輸送して滞在できるからね。ハンデの57キロをクリアできれば」(清水英克調教師)
GIではワンパンチ不足だが、GIIIなら通用しても。距離だけが課題。

3枠5番|フローライゼ(牡3)|54`|*伊藤工真|(美)岩戸孝樹
「今日の併せ馬の動きは上々だったよ。この馬は逃げるか、追い込むかの極端な競馬が合っている感じ。メンバー構成を考えて、今回は思い切ってハナを切る競馬を……と思っているんだ」(岩戸調教師)
久々は不利。ゲートにも課題アリ。

3枠6番|コスモヘレノス(牡3)|54`|*石橋脩|(美)菊川正達
「今日は坂路で併せ馬でやったが、余裕を持って併入。だいぶ脚元がしっかりしてきたし、馬の状態も上がっているので」(菊川調教師)
大きくは崩れないが、もう一つ決め手を欠く現状。

4枠7番|モズ(牡3)|54`|*中舘英二|(栗)矢作芳人
「前走は急仕上げ気味だったから仕方ないかな。今回はジックリ調整できたし、デキに関しては間違い無く上向き。初めてブリンカーを着けたので多少、戸惑い気味の動きでしたが集中して走っていたのは収穫」(安藤調教助手)
同型の出方が鍵か。久々を叩いた分の上積みはありそうだが。

4枠8番|クォークスター(牡3)|55`|*ウィリア|(美)堀宣行
「予定通りの追い切りができた。先週、騎手に感触は確かめてもらっているし、何も問題はないよ。まだ成長途上の段階だけど、ハンデもOKだし、折り合いも付くから流れに注文が付かない。距離実績もあるので楽しみ」(菅沼調教厩務員)
連を外したのは“きさらぎ賞”だけ。力を付けている今なら軽視は危険。

☆【第59回 ラジオNIKKEI賞 2010年】条件勝ちの勢いそのまま!アースガルド◎全16頭の厩舎直前コメント(2)

[ラジオNIKKEI賞] ブログ村キーワード

2010年7月4日 2回福島6日
11R 第59回 ラジオNIKKEI賞(G3)
3歳オープン・芝1800m

5枠9番|トゥザグローリー(牡3)|56`|*内田博幸|(栗)池江泰郎
「先週速いところは済ませているので、今日はラストを重点に追う調整。それにしてもいい伸び脚だったね。どんな競馬でもできる器用さを兼ね備えているので小回りでも問題はないですよ」(池江泰郎調教師)
ダービーでも見せ場十分。この距離は問題なく、GIIIなら好戦可能。

5枠10番|セイリオス(牡3)|53`|*津村明秀|(美)鹿戸雄一
「中2週だし、追い切りはこれで十分。前走はスタートで出負けして流れに乗り切れなかったが、発馬を決めてスムーズな競馬ができればもっとやれていい馬」(鹿戸雄一調教師)
芝でもOKだが左回りに良績が集中。

6枠11番|アースガルド(牡3)|54`|蛯名正義|(美)勢司和浩
「ここにきてトモがパンとしてきたし、久々を快勝した後も更に状態はアップ。相手は揃うけどロスなく運べれば通用する」(勢司調教師)
小回り向きの先行力があり、展開一つで。

6枠12番|ナイスミーチュー(牡3)|53`|*松岡正海|(栗)橋口弘次
「今日の併せ馬は良かったね。余裕十分に併入したし、動きも軽快だった。前走の内容が良く、確実に馬は良くなってきているし、今回は53キロ。小回りの1800メートルにうまく対応できるかが鍵だけど、楽しみはありますよ」(橋口調教師)
前走で500万勝ち。まだオープンで通用のイメージはない。

7枠13番|リリエンタール(牡3)|54`|*北村宏司|(美)藤沢和雄
「青葉賞のダメージがなかったので、すぐに目標をここに定めた。先週騎手が乗って一杯にやっているので、今週は馬なりだけど動きは良かったからね。馬場を問わない馬だし、楽しみはあるよ」(津曲調教助手)
この距離は微妙に忙しい感がある。

7枠14番|アロマカフェ(牡3)|55`|柴田善臣|(美)小島太
「追い切りの感じは良かったよ。ソエも解消してきたし、それほど力差のないメンバー構成。楽しみはあるよ」(小島太調教師)
青葉賞で差し返す好内容。2着馬のトゥザグローリーと0.1秒差なら。

8枠15番|レト(牡3)|55`|幸英明|(美)本間忍
「今日は本馬場で追い切ったが、体を使ったいいフォームで走っていた。平坦の1800メートルなら対応できると思うし、ここで結果を出してくれれば今後の選択肢も広がると思う」(本間調教師)
ベストはマイルだが、ハンデ一つでは喰い込みも可能。

8枠16番|シャイニンアーサー(牡3)|53`|*田中勝春|(美)藤沢和雄
「前走は枠順の影響で外々を回らされるコースロスが痛かった。でもブリンカーの効果は見られたよ。馬場は問わないし、立ち回り一つで」(藤沢和雄調教師)
マイルがベストか。それとオープンではやや力不足。
(ラジオNIKKEI賞 - Yahoo!スポーツ 競馬)
◎ 11アースガルド
○ 07モズ
▲ 08クォークスター
△ 01ドリームカトラス
△ 04ガルボ

「前走勝ち、斤量53〜54キロ」を第一条件と考えて本命は11アースガルドに。関東馬、500万勝ちというのも傾向に当てはまるポイントで、引き続きの鞍上もプラス評価。
相手は同じく54キロを背負う07モズ。逃げる展開での前残りに期待します。

前走ルーラーシップの2着だった08クォークスターを単穴で。
以下、内々でロスなく行くことが出来ればおもしろそうな01ドリームカトラスに、G1大敗馬の巻き返しは04ガルボに期待したいところです。

☆【2010年 函館スプリントS 予想】1200mでも不安なし!ワンカラット◎全15頭の厩舎直前コメント(1)

[函館スプリントS] ブログ村キーワード

2010年7月4日 1回函館6日
9R 第17回函館スプリントS (G3)
3歳上・芝1200m

1枠1番|ワンカラット(牝4)|54`|藤岡佑介|(栗)藤岡健一
「前走からあまり間隔がなく、輸送もあったけど、いい動きだったし、心配していた疲れは見られません。久々の短距離で結果を出してくれたし、短距離も2走目で楽しみですよ」(千田調教師)
前走は直線で内に寄られる不利。今回はこの距離にも対応可能で好勝負か。

2枠2番|ケイアイアストン(牡5)|56`|的場勇人|(美)和田正道
「今日はビッシリ追い切ったし、引き続きいい状態をキープしている。函館は初コースになるけど、札幌で勝っているので芝の適性は大丈夫だと思うよ」(長嶺調教助手)
オープン入り後が案外。まだクラス慣れが必要なのかも。

2枠3番|ランチボックス(牡5)|56`|*池添謙一|(栗)浅見秀一
「追い切りの動きは良かったよ。この馬は洋芝に良績があるので、それを生かして上を目指したいと思う」(池添騎手)
叩いた効果は見込めるが、今回は相手関係が微妙。

3枠4番|アーバニティ(牡6)|56`|横山典弘|(美)古賀慎明
「追い切りは抜群の手応えだったし、動きも上々。56キロもいいと思うし、距離短縮もプラス。馬場が悪くなっても心配無いので楽しみだね」(諏佐調教助手)
自在性があり、前走も逃げて渋太く粘る。距離短縮プラスで好戦は可能。

3枠5番|アポロフェニックス(牡5)|56`|*勝浦正樹|(美)柴崎勇
「前走は道悪が応えたよ。叩いてだいぶ動きが変わってきたし、実績からいっても良なら……と思っているんだ」(吉沢調教助手)
オープン特別では好勝負できても重賞になると今一息。

4枠6番|ダノンムロー(セ6)|56`|*藤田伸二|(美)加藤征弘
「ここまで順調に調整できたし、状態の方は間違い無くいいと思う。それにパワーがあるので馬場が悪くなっても問題ナシ。あとは前がやり合ってくれれば」(山田調教助手)
今回が昇級後の2戦目。まだ通用するまでには時間が必要か。

4枠7番|ラブミーチャン(牝3)|51`|*浜口楠彦|[地]柳江仁
「前走のときに比べればだいぶ背中が柔らかくなり、状態は上向いていますよ。スピードはあるし、力の要る洋芝もいい。51キロの軽量を生かせば」(五十嵐冬樹騎手)
※レースでは浜口騎手騎乗。芝でも行けることはフィリーズRで証明したが、今回は更に速い馬がいるので……。

5枠8番|ボストンオー(牡5)|56`|*大野拓弥|(栗)岩元市三
「今週の火曜日に栗東を出て水曜入り。疲れも見せず、飼い葉食いも落ちていないので状態に関しては問題ないでしょう。あとは流れが向けば」(対馬調教助手)
ハンデと流れに恵まれた前走。今回は相手が揃った感。

☆【2010年 函館スプリントS 予想】1200mでも不安なし!ワンカラット◎全15頭の厩舎直前コメント(2)

[函館スプリントS] ブログ村キーワード

2010年7月4日 1回函館6日
9R 第17回函館スプリントS (G3)
3歳上・芝1200m

5枠9番|メイショウトッパー(牡7)|56`|柴山雄一|(栗)白井寿昭
「やや重苦しかった先週に比べればマシにはなったけど、何分にも久々だからね。その点はやはりマイナスかも……」(柴山騎手)
7か月振りでいきなり重賞は厳しい。
6枠10番|ピサノパテック(牡8)|56`|*古川吉洋|(美)藤沢和雄
「気性の面で色々と調整に難しさがある馬だけど、今日は集中して走っていたし、落ち着きがあるのも良かった。あとは当日気持ちが入ってくれれば」(葛西調教助手)
距離は問わない馬。ただいつ走るか分からない面がありアテにはしづらい。

6枠11番|グランプリエンゼル(牝4)|54`|*四位洋文|(栗)矢作芳人
「日曜日にやっているので今日は軽めで十分。この馬は冬場は体が硬くなる傾向があるので夏はいいタイプ。今回はブリンカーを着ける予定だし、集中して走ってくれれば」(矢作調教師)
昨年の覇者。ただ、復帰後が案外で狙い目は薄い。

7枠12番|シンボリウエスト(セ10)|56`|*木幡初広|(美)鹿戸雄一
「福島からの中1週なので追い切りはこれで十分。前走は早めに来られて失速してしまったけど、力の要る馬場は向いているし、叩き2走目での変わり身もあるので」(鹿戸雄一調教師)
同型の出方がポイント。

7枠13番|ビービーガルダン(牡6)|59`|安藤勝己|(栗)領家政蔵
「先週やっているので、今週はオーバーワークにならない程度の調整。前走は体こそ増えていたが、見た目には寂しい感じ。やはり中身ができていなかったのかも。叩いて良くなっているし、今度は得意のコースでこの馬らしい走りを見せてくれると思う」(領家調教師)
コース巧者。実績も上位で59キロを克服できれば。

8枠14番|キョウエイアシュラ(牡3)|53`|*吉田隼人|(栗)矢作芳人
「あまり体が増えてこない点がどうかだが動きは良かった。それに洋芝は走る馬だからね。ただ前に行ける馬じゃないので展開の助けが必要かもしれないが、53キロで出られるのは有利だと思う」(矢作調教師)
ここ2走の内容から復調気配。この距離にも良績あり侮れないかも。

8枠15番|タニノマティーニ(牡10)|57`|*武幸四郎|(栗)須貝彦三
「体調に関しては問題はないよ。既に10歳になるので大きなことは言えないが、ロスなく立ち回れば……の気持ちは持っている」(須貝彦三調教師)
既に10歳。久々の今回は割引が必要か。
(宝塚記念 - Yahoo!スポーツ 競馬)
◎ 01ワンカラット
○ 13ビービーガルダン
▲ 02ケイアイアストン
△ 05アポロフェニックス
△ 11グランプリエンゼル

本命◎は、前走CBC賞を外目から伸びて3着に好走した01ワンカラット
稍重の緩んだ馬場でも、それを感じさせない走りをしており、実力は十分と見ていいでしょう。
今レースでは活躍の多い牝馬でもあり、期待が高まります。

相手として○ビービーガルダン
人気は集めそうですが、[1-5-3-32]で連対率14.6%と、イマイチ連対していない6歳馬である点。
さらに、牝馬よりも連対率で劣る牡馬である点([3-8-9-96]で連対率9.6%)を割り引き、相手候補としました。

穴としては▲ケイアイアストン
連対率33.3%と高確率を誇る逃げ馬である点を考慮し、早めの競馬で芝1200mを使って4勝を挙げている戦績に着目。
洋芝で時計のかかる展開が想定されますが、抜け出せればすんなりも?

同じ馬が複数年にわたって好走する傾向があることから、昨年の勝ち馬グランプリエンゼル
好走条件である、8番人気以内の5歳馬に当てはまりそうなアポロフェニックスを紐△としました。
2010年07月02日

☆【第59回 ラジオNIKKEI賞 2010年】上位人気馬が大不振!穴は前走条件戦勝ち直後の関東馬!?

[ラジオNIKKEI賞] ブログ村キーワード

2010年7月4日 2回福島6日
11R 第59回 ラジオNIKKEI賞(G3)
3歳オープン・芝1800m

【過去10年の人気別連対数・データとポイント】
上位人気馬が大不振!
穴を開けていたのは、前走条件戦勝ち直後の関東馬。


ラジオNIKKEI賞過去10年の人気別連対数過去10年で1番人気馬が連対したのは、まだ別定戦だった04、05年の2回のみ。06年にハンデ戦に移行されてからは、3着が一度だけと低迷しています。

1番人気(2-0-1-7)連対率20.0%
2番人気(2-1-1-6)連対率30.0%
3番人気(0-1-1-8)連対率10.0%
4番人気(1-1-1-7)連対率20.0%
5番人気(2-0-0-8)連対率20.0%
6〜9番人気(3-3-3-31)連対率15.0%
10番人気〜(0-4-3-54)連対率6.5%

近4年の1番人気馬の着順と斤量は、06年4着トウショウシロッコ(56キロ)、07年6着クランエンブレム(56キロ)、08年3着ダーバーシティ(53キロ)、09年6着イネオレオ(55キロ)。

唯一馬券に絡んだ08年のダイバーシティは、条件戦勝ちの軽量馬。これは「前走勝って勢いのある馬」や、「斤量53〜54キロ」という、前回、前々回で触れた好走条件に当てはまるものでした。このタイプの馬には注意したいところです。

一方で6番人気以下の人気薄で連対した10頭に目を向けてみると、実に8頭が美浦厩舎の管理馬、関東馬でした。8頭の前走クラスはG1が2頭、OP戦が1頭、残り5頭は500万、1000万条件戦に出走していた馬。過去に穴を開けていたのは、条件戦を勝ったばかりの関東馬でした。

今回出走を予定している条件戦勝ちの関東馬は、アースガルド(美浦:勢司厩舎)とジャングルハヤテ(美浦:本郷厩舎)の2頭。当日の人気に注意したいところです。

☆【2010年 函館スプリントS 予想】上位人気が安定!特注は8番人気以内の5歳馬!

[函館スプリントS] ブログ村キーワード

2010年7月4日 1回函館6日
9R 第17回函館スプリントS (G3)
3歳上・芝1200m

【過去10年の配当別連対数・データとポイント】
上位人気が安定!
特注は8番人気以内の5歳馬!


函館スプリントS過去10年の人気別別連対数1、2番人気が5連対ずつで最多。5〜8番人気がその相手として来ており、8番人気以内での連対が中心になっています。

1番人気(3-2-0-5)連対率50.0%
2番人気(3-2-0-5)連対率50.0%
3番人気(2-0-1-7)連対率20.0%
4番人気(0-0-3-7)連対率0.0%
5番人気(1-1-1-7)連対率20.0%
6〜9番人気(0-5-2-33)連対率12.5%
10番人気以下(1-0-3-49)連対率1.9%

1、2番人気の馬が連対しなかったのは、07年の3-6番人気決着の1回だけ。上位人気馬の信頼度は高めです。

その相手としては、7連対の5〜8番人気馬が挙げられます。
9番人気以下では、06年13番人気のビーナスラインが1勝しているだけ。軽視してよさそうです。

また、今走では連対馬の年齢にも特徴がありました。

3歳(2-1-2-12)連対率17.6%
4歳(2-1-3-16)連対率13.6%
5歳(5-1-1-23)連対率20.0%
6歳(1-5-3-32)連対率14.6%
7歳以上(0-2-1-30)連対率6.1%

6連対で連対率20%と、ダントツの成績を誇っている5歳馬
そのダントツの連対を誇る5歳馬として、アポロフェニックスケイアイアストンボストンオーランチボックスの4頭が出走予定。
中でもアポロフェニックスの芝1200mの戦績は(6-3-0-7)で連対率56.3%と、他の5歳馬を圧倒しています。
8番人気以内に支持されるようなら、紐として加えてみると妙味がありそうです。
2010年07月01日

☆【2010年 函館スプリントS 予想】牝馬の活躍が顕著!軸を決めたら手広く押さえるのが吉

[函館スプリントS] ブログ村キーワード

2010年7月4日 1回函館6日
9R 第17回函館スプリントS (G3)
3歳上・芝1200m

【過去10年の配当別連対数・データとポイント】
牝馬の活躍が顕著!
軸を決めたら手広く押さえるのが吉


函館スプリントS過去10年の前走着順別連対数過去10年で10倍以下の配当は1回のみ。ただし、万馬券は1回も出ていません。

配当の多くが10〜100倍未満の配当で、その回数は実に9回。
ほとんどの年が中穴で決着しています。

特にここ6年は、1-8番人気決着で37倍、1-5番人気決着で10.9倍、3-6番人気決着で35.2倍、13-1番人気決着で57.4倍、2-6番人気決着で31.2倍、2-8番人気決着で72.3倍。
07年を除いた5年で、1、2番人気の馬が必ず連に絡んできており、人気薄と連対して中穴決着に落ち着く傾向にあるようです。

今走では、ビービーガルダンアーバニティが人気を集めそうです。この2頭を軸として、人気薄の馬と絡めてみると面白いかも知れません。

また、連対馬の特徴として、注目したのが牝馬の連対数の多さ
牡馬、セン馬の戦績は過去10年で[3-9-9-98]。12連対していますが、連対率は10.1%。
牝馬は、[7-1-1-15]で8連対。連対率33.3%と、牡馬の連対率を大きく上回っています。

今走では、ウェスタンビーナス(牝7)、グランプリエンゼル(牝4)、ラブミーチャン(牝3)、ワンカラット(牝4)と4頭の牝馬が出走を予定しています。
中でもグランプリエンゼルは、昨年の函館スプリントSの勝ち馬。過去にも連覇した馬が多いレースなだけに、注目したい1頭です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。