今週の注目レース記事

【PR】先月の的中ナンバー1サイト
2013年12月23日(月)
阪神3R 2歳新馬
3連単 7-9-10 152万3180円 的中!

的中する秘訣とは?
サイトをチェック!
2010年07月10日

☆【第15回 プロキオンS 予想】好枠活かすケイアイガーベラ◎全16頭の厩舎直前コメント(2)

[プロキオンステークス] ブログ村キーワード

2010年7月11日 3回阪神8日
10R 第15回 プロキオンS(G3)
3歳上オープン・ダート1400m

5枠9番|コスモセンサー(牡3)|54`|*川原正一|(栗)西園正都
「前走は落馬で参考外。幸いダメージはなかったので状態に関しては問題ナシ。母系がダート血統だし、古馬が相手でもスンナリした競馬ができればヒケは取らないと思うよ」(西薗調教師)
前走は発馬直後の落馬で参考外。追い切りは動く馬でダートもOK。あとは古馬相手がどうかだけ。

5枠10番|プロセッション(牡7)|56`|*二本柳壮|(美)堀宣行
「今日は後ろから追いかける形の追い切りだったので遅れは気にしなくてもいいですよ。ここにきて体付きが良くなってきたし、得意の条件。相手は強いけど少しでも上を目指したいと思っています」(菅沼調教助手)
この距離に一番実績がある。ただ相手関係は楽ではないかも。

6枠11番|マイプリティワン(牡6)|56`|*小牧太|(栗)石坂正
「休み明けを一叩きして馬に落ち着きが出てきたのは好材料。この条件は結果を出しているし、うまく嵌れば……の気持ちは持っている」(井上調教助手)
エニフSで最速の上りでグロリアスノアの2着。ここでも展開が嵌れば一発。

6枠12番|グロリアスノア(牡4)|57`|小林慎一|(栗)矢作芳人
「前走は遠征から帰っての初戦。しかも芝だったからね。色々な意味できつかったと思う。今回は落ち着きもあるし、得意の条件に戻るし、力通りならいい競馬になると思う」(安藤調教助手)
前走の敗因は芝。ダートの実績は上位で見直しが必要。

7枠13番|ティアップワイルド(牡4)|56`|池添謙一|(栗)西浦勝一
「中1週なので今週はラスト重点。ただ今日は最後までしっかり走っていたし、デキはいいと思う。再度オープン入りでどこまでやれるかだけど、センスがいい馬だし、楽しみはあるよ」(柳田調教助手)
この距離は安定した走り。ただ今回は相手が揃った感は否定できない。

7枠14番|トーホウアタック(牡6)|56`|*和田竜二|(栗)柴田光陽
「取り消しの影響はないし、今日の動きも良かった。ただこの距離はやはり短いね。よほど展開の助けがないとどうだろう」(柴田光陽調教師)
この距離は明らかに忙しい。

8枠15番|シャイニングアワー(牡5)|56`|*幸英明|(栗)羽月友彦
「先週やっているので今週はサッと流す程度。ここまで順調に使ってきているし、体調に関しては最近の中では一番かも。相手は強いが今後に繋がる競馬をしてくれれば」(羽月調教師)
連勝の勢いはあるが、別定戦での重賞では分が悪いか。

8枠16番|ケイアイガーベラ(牝4)|54`|*岩田康誠|(栗)平田修
「前回は目標にされた分、きつかった。追い切りはやれば動く馬だし、この時計が出ても不思議はないよ。今回も強い馬はいるけど、距離は問題ないし、この馬のスピードがどこまで通用するか楽しみはあるよ」(平田調教師)
この距離は得意。持ち時計も上位でハナを奪えば。
(プロキオンS - Yahoo!スポーツ 競馬)
◎ 16ケイアイガーベラ
○ 01ナムラタイタン
▲ 06ダイショウジェット
△ 13ティアップワイルド
△ 08サマーウインド

プロキオンSが行われる阪神ダート1400mは、最初の芝を長く走れる外枠が圧倒的に有利といわれています。
過去10年間で、1枠が[0-0-1-16]連対率0.0%なのに対して、7枠[4-3-1-12]連対率35.0%、8枠[2-5-2-11]連対率35.0%という成績も、枠の有利不利を如実に表しています。
今走では最内枠に入った馬が、枠の不利を跳ね返せるか否かがポイントになってきそうです。

前日オッズで1倍台と断トツの1番人気になっている01ナムラタイタン。実績と傾向からは文句なしの◎を打ちたいところですが、枠は大きいと考えて評価を下げざるを得ず、ここは○で連軸扱い。
そこで◎は大外16ケイアイガーベラ。ダート[4-0-0-1]で阪神1400mでも経験済み。唯一の牝馬[3-2-1-8]連対率28.6%という点も、このレースに向きそう。

単穴は持ち時計からもハイペースな競馬にも対応できそうな06ダイショウジェット。以下紐は好枠を引いた13ティアップワイルド、先行力が魅力の08サマーウインドまで。

☆【第46回 七夕賞 予想】休み明けでも好走!サンライズベガ◎全16頭の厩舎直前コメント(1)

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

1枠1番|エリモハリアー(セ10)|57`|酒井学|(栗)田所秀孝
「年齢的なものか、あまり追い切りは動かなくなっているが、使いつつ状態は上向いてきている。ハンデは楽ではないけど、少しでも上を目指したい」(田所秀孝調教師)
ここ2走の内容からはお薦めはできない。

1枠2番|フサイチアウステル(牡8)|55`|*村田一誠|(美)栗田博憲
「なにぶん長く休んでいた馬だからね。それでも一度叩いて状態面はアップしていることは間違い無いよ。あとは気分良く走ることができれば……かな」(栗田調教師)
長期休養明けを一叩きしたが、ガラリ一変は望み薄。

2枠3番|ダイワジャンヌ(牝5)|52`|的場勇人|(美)的場均
「連闘になるので追い切りは控え目。デキは引き続きいいですよ。今回は昇級戦になりますが、前走と同じ条件だし、ハンデ差を生かせれば、と思っています」(的場騎手)
ハンデ戦とはいえ、牝馬で昇級初戦では……。

2枠4番|ブレーヴハート(牡8)|53`|田中勝春|(美)加藤征弘
「前走でも前の馬に追いつくとフワッとする面を見せていたように気難しさがある。叩いた上積みはあるし、能力も持っているので力を出し切れれば、と思っているんだ」(山田調教助手)
既に8歳。ピークは過ぎた印象はあるが……。

3枠5番|ニルヴァーナ(牡7)|54`|*北村宏司|(栗)池江泰郎
「中1週の競馬続きだけど、馬は元気一杯。夏場に調子を上げるタイプだし、前走より3キロ軽くなるのも有利。今回も楽しみ」(池江泰郎調教師)
夏場に調子を上げるタイプ。前走をフロック視するのは危険かも。

3枠6番|ホッコーパドゥシャ(牡8)|57`|*江田照男|(栗)村山明
「日曜日に速いところをやっているのでこれで十分でしょう。使いつつ良くなるタイプなので久々は割引かもしれないけど、この時期は体を絞り易いですからね。何とか連覇を、とは思っているんですが」(村山調教師)
このコースは得意。中京記念を57キロで3着と走っていることから、このハンデでも軽視は危険。

4枠7番|アルコセニョーラ(牝6)|54`|武士沢友|(美)畠山重則
「時計自体は平凡だけど動きは良かったからね。福島は得意のコースだし、ハンデ差を生かして上を目指したいと思う」(武士沢騎手)
得意の福島、多少でも馬場が渋れば大駆けも。

4枠8番|ドモナラズ(牡5)|52`|*柴田善臣|(栗)音無秀孝
「中1週になるので追い切りは控えた。前走が思ったより走ってくれたし、その時より4キロ斤量が軽くなるからね。そのぶん楽しみは出てきたよ」(音無調教師)
オープンでは最後の一押しが利かない印象。
(七夕賞 - Yahoo!スポーツ 競馬)


家でもWINSでも競馬場でも!!メアドひとつで毎週無料予想をお届け!!
【無料予想だけでプラス収支!!】>>>【アルティメット】
重賞ばかりに気を取られて見落としがちなオイシイ馬券、アルティメットは見逃しません。
単複派には欠かせない推奨馬情報や、少点数の無料買い目情報など、
「重賞より儲かる」とも言われる平場のレースも広範囲にカバー。

☆【第46回 七夕賞 予想】休み明けでも好走!サンライズベガ◎全16頭の厩舎直前コメント(2)

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

5枠9番|サンライズベガ(牡6)|55`|*松岡正海|(栗)音無秀孝
「この馬は叩きつつ調子を上げることを考えて早めに入厩させてジックリ乗り込んだ。あまり追い切りで動く馬ではないので遅れは問題ナシ」
あまり信頼性のないタイプだが、能力は確か。平坦に近い福島で見直す手も。

5枠10番|バトルバニヤン(牡6)|57`|*中舘英二|(栗)池江泰郎
「久々を叩いて馬の状態は大幅にアップしている。この馬も夏場は走るタイプ。ハンデは前走と変わらずの57キロ。これなら期待が持てると思う」(池江泰郎調教師)
久々の前走が鮮やか。今回はハンデ戦の分がどうかだけ。

6枠11番|イケドラゴン(牡5)|52`|丸山元気|(美)石毛善彦
「予定より時計は速くなったが、ラストもしっかりしていたから問題はないだろう。この距離もOKだし、ハンデ差もあるので楽しみ」(石毛調教師)
目黒記念はジョッキーの好騎乗。小回りの福島に対応できれば。重なら更に警戒。

6枠12番|トウショウシロッコ(牡7)|56`|*吉田豊|(美)大久保洋
「併せた相手が動きすぎた感もあるが、まだ余裕があったからね。久々になるけど仕上がりはいいので、その点は問題ナシ。時計が掛かった方がいいタイプだから今の荒れ馬場は歓迎。力からいってもやれていいと見ている」(大久保洋吉調教師)
ここなら力は上位にランクできるが、器用さを要求される小回りがどうかだけ。

7枠13番|サニーサンデー(牡4)|54`|吉田隼人|(美)谷原義明
「今日はいい追い切りができたと思う。前走はこの馬には厳しい展開になってしまったが、ここを目標にうまく調整ができたし、折り合いさえ付けばいい勝負になると思っている」(谷原調教師)
このコースで重賞(福島記念)勝ち。コース替わりはプラスで見直しは必要。

7枠14番|ゼンノグッドウッド(牡7)|54`|*松山弘平|(栗)浅見秀一
「初めて乗るので前回との比較は付きませんが、乗り味のいい馬ですね。仕掛けてからの反応も良かったし、いいイメージを持ってレースに臨みたいと思っています」(松山騎手)
良化がスローであまり強調できない。

8枠15番|マイネルグラシュー(牡6)|53`|*伊藤工真|(美)古賀慎明
「中1週だけど問題ないし、叩いた上積みの方が見込めるからね。今回はハンデ差があるし、マイペースに持ち込めるようなら、とは思っているんだけどね」(古賀慎明調教師)
一叩きはしたが、オープンでは頭打ちの印象がある。

8枠16番|キョウエイストーム(牡5)|54`|*田中博康|(美)中川公成
「今日はラスト重点。いい動きだったよ。オープンでもやれる能力はあると思うし、ハンデ差もあるからね。ロスなく立ち回れば……」(中川調教師)
この距離は微妙に長い印象。
(七夕賞 - Yahoo!スポーツ 競馬)
◎ 09サンライズベガ
○ 10バトルバニヤン
▲ 07アルコセニョーラ
△ 12トウショウシロッコ
△ 13サニーサンデー

本命◎は09サンライズベガ
得意とする先行策は今走の傾向にぴったり。さらに09年には、同じ福島芝2000mで行われた阿武隈Sで、先行して3着に好走した実績もあります。今走では当時の斤量57kgより2kg軽い55kgを背負うということ、休み明けも[1-1-2-1]と苦にしないことからも本命に推します。

相手○には10バトルバニヤン
好走の多い6歳馬([5-2-1-24]連対率21.9%)で、休養明けの前走も同じ福島のオープン戦を先行して1着。引き続き好走が見込めそうです。

穴▲は07アルコセニョーラ
福島の芝2000mでの戦績が[1-2-0-3]で連対率50%と、メンバー中随一の福島巧者。今走と同じ福島の芝コースを使った重賞でも3連対。ただし牝馬は過去10年で[0-1-0-5]と、割り引きもあり穴候補まで。

人気を集めそうな13サニーサンデーと、12トウショウシロッコですが、4歳馬は[0-2-2-11]と勝てていません。加えて7歳馬は、[2-2-2-41]で連対率8.5%と低調のため、2頭は紐としました。
2010年07月09日

☆【第46回 七夕賞 予想】1〜3番人気同士の決着はなし!前走6着以下に負けても、支持集める馬に注目!

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

【過去10年の人気別連対数・データとポイント】
1〜3番人気同士の決着はなし!
前走6着以下に負けても、支持集める馬に注目!


七夕賞過去10年の人気別連対数過去10年で、1番人気の馬は4連対のみ。6〜9番人気の人気薄の馬の連対が目立ちます。

1番人気(2-2-1-5)連対率40.0%
2番人気(0-1-2-7)連対率10.0%
3番人気(3-0-5-2)連対率30.0%
4番人気(0-3-0-7)連対率30.0%
5番人気(0-0-1-9)連対率0.0%
6〜9番(5-3-1-31)連対率20.0%
10番人気以下(0-1-0-48)連対率2.0%

最多4連対を誇る1番人気。しかし、内訳は2勝2着2回と信頼を置くには心もとない成績。
3番人気までの人気馬で計8連対しているものの、上位人気馬同士の決着は過去10年でわずか1回。
ハンデ戦で波乱の傾向にあり、上位人気同士での決着はなさそうです。

また、6番人気以下の馬も9頭が連対していますが、二桁人気の馬が連に絡んだのは08年11番人気で2着に好走したミストラルクルーズ1頭のみ。
馬券の対象となるのは、3番人気以内の馬から紐は手広く10番人気まで、と見ていいでしょう。

ただし、上位人気の馬であっても、前走で連対して人気を上げた馬は要注意。
前走の連対馬が5番人気以内になった場合の戦績は、[1-2-3-12]で連対率16.7%と、イマイチ振るいません。

逆に、前走6〜9着に負けた馬が5番人気以内に支持された場合は、[1-3-3-4]で連対率36.4%、複勝率63.6%と馬券に絡んできているようです。
前走6〜9着に負けたにも関わらず、5番人気以内に支持された馬には注目したいところです。

今走で前走6〜9着に負けた馬としては、ゼンノグッドウッド(前走OP福島テレビオープン:8着)、ホッコーパドゥシャ(前走G2産経大阪杯:6着)の2頭が出走予定。
この2頭が、5番人気に支持されるようであれば、3着以内に好走する可能性があるかもしれません。

☆【第15回 プロキオンS 2010年】過去10年で1番人気馬は連対率100%!相手は8番人気以内の前走同距離馬!

[プロキオンステークス] ブログ村キーワード

2010年7月11日 3回阪神8日
10R 第15回 プロキオンS(G3)
3歳上オープン・ダート1400m

【過去10年の人気別連対数・データとポイント】過去10年で1番人気馬は連対率100%!
相手は8番人気以内の前走同距離馬。


プロキオンS過去10年の人気別連対数1番人気が断トツの10連対。2番人気の3連対も含め、人気どころがかなりの確率で上位に来ています。

1番人気(6-4-0-0)連対率100.0%
2番人気(1-2-1-6)連対率30.0%
3番人気(1-0-1-8)連対率10.0%
4番人気(0-1-2-7)連対率10.0%
5番人気(0-1-1-8)連対率10.0%
6〜9番人気(2-2-3-33)連対率5.7%
10番人気以下(0-0-2-53)連対率0.0%

3、4、5番人気がそれぞれ1連対で、連対馬20頭は全馬が8番人気以内でした。

1番人気になった馬は、年齢、性別、斤量は問わず、前走オープン戦以上を勝った馬なら[6-1-0-0]で勝率85.7%。特にダートの重賞実績がある馬には逆らわない方が良さそう。前走で負けた馬、前走条件戦からの馬が1番人気の場合は[0-3-0-0]で、連対は確保しているもののすべて2着に終わっている点は、覚えておきたいポイントです。

6〜8番人気で連対した4頭、03年2着のツルマルファイター(8番人気)、05年2着のサンライズキング(6番人気)、06年1着のメイショウバトラー(7番人気)、08年1着のヴァンクルタテヤマ(7番人気)は、すべて前走で欅(けやき)ステークスに出走し、それぞれ11、3、12、2着に敗れていました。

なお今走では欅S経由の出走は、人気を集めそうなナムラタイタン1頭のみ。

01年から03年までは欅S経由の馬が毎年3着までに入線していましたが、07,09年はゼロ。これはレースの施行時期が、4月→6月→7月と変更されてきたことの影響と思われ、7月施行になった06年以降は路線が多様化しています。そこで単純に前走と今走の距離差を見てみました。

同距離(6-6-6-45)連対率19.0%
距離延長(1-2-2-29)連対率8.8%
距離短縮(3-2-2-49)連対率8.9%

さらに距離の増減では、前走から±200m以内の馬が[9-9-8-109]と連対のほとんどを占めており、極端な距離の延長、短縮は歓迎できません。今走で500m以上の距離短縮になるトーホウアタック、マカニビスティー、ダイショウジェット、メイショウシャフトあたりは評価を下げざることになりそうです。
2010年07月08日

☆【第15回 プロキオンS 2010年】荒れても馬連10〜20倍台の堅実決着!3連単紐なら10番人気前後のダート実績馬!

[プロキオンステークス] ブログ村キーワード

2010年7月11日 3回阪神8日
10R 第15回 プロキオンS(G3)
3歳上オープン・ダート1400m

【過去10年の馬連配当別回数・データとポイント】
荒れても馬連10〜20倍台の堅実決着!
3連単紐なら10番人気前後のダート実績馬を!


プロキオンS過去10年の馬連配当別回数馬連配当10倍台までが8回と堅い決着。

これは00年以降、1番人気馬がすべて連対しているため。1番人気でプロキオンSを制した6頭は、すべて前走オープン以上のレースを勝ってきた馬でした。
1番人気馬がこの条件に当てはまるようならば、頭としての信頼度も極めて高そうです。

馬連は堅い決着が多いものの、3着馬を見てみると比較的人気薄の馬も絡んで来ているようです。
01年のトシザミカは13番人気から、03年インタータイヨウは12番人気から馬券に絡みました。その他にも04、06、07年と9番人気馬も3着に食い込んできていました。
これら5頭の中には休養明けや、前走芝で大敗したことを要因に人気を落とした馬おり、近走不調だった実績馬の巻き返しには注意しておきたいところです。

前走芝のレースで惨敗した実績馬といえばグロリアスノア(牡4)ですが、ダートに戻る今走は逆に人気を集めそう。当日のオッズを見ながら判断したいところです。

☆【第46回 七夕賞 予想】10〜50倍の中穴決着が多い!前走着順より、コース適正のある馬が狙い目!

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

【過去10年の配当別連対数・データとポイント】
10〜50倍の中穴決着が多い!
前走着順は軽視して、コース適正のある馬が狙い目!


七夕賞過去10年の前走着順別連対数過去10年で最も多いのは10〜50倍の中穴決着ですが、10倍以下の配当は一度もありません。

ここ10年では8回が10〜100倍未満の配当で決まっており、中穴決着に落ち着く傾向にあるようです。

連対馬の人気を見てみると、上位人気である1〜3番人気の馬同士での決着は06年の3-1番人気決着のみ。
他の年は、必ず4番人気以下の人気薄が連に絡んでいます。

また、近6年の連対馬の人気を見てみると、12頭中6頭は6番人気以下の人気薄の馬。
その6頭の前走を見てみると、08年11番人気2着ミストラルクルーズ、07年6番人気1着のサンバレンティン、05年8番人気2着のトーセンダンディ、04年9番人気2着のストロングブラッドの4頭は、それぞれ前走エプソムC(G3)で14着、8着、7着、18着に。
08年7番人気1着のミヤビランベリと04年8番人気1着のチアズブライトリーの2頭は、それぞれ前走1600万条件で13着、オープン戦で9着に大敗した馬でした。

しかし、その6頭中4頭は芝1800〜2200mの重賞で勝利実績がある馬。残る2頭は、小回りの芝コースを使って2勝を挙げている馬でした。
前走着順は軽視して、小回りの芝コースや、重賞実績のある馬を重視したほうがよさそうです。

今走では、同競馬場の芝2000mの重賞実績馬として、
サニーサンデー/09年福島記念杯(G3)1着
トウショウシロッコ/09年福島記念杯(G3)2着
アルコセニョーラ/09年七夕賞(G3)2着
の3頭が出走を予定しています。

中でもアルコセニョーラは、福島の芝2000mでの戦績は[1-2-0-3]で連対率50.0%の福島巧者。見直す価値はありそうです。
2010年07月07日

☆【第15回 プロキオンS 2010年】先行馬の前残りが多発!ハイペース必至で1400mの持ち時計を重視!

[プロキオンステークス] ブログ村キーワード

2010年7月11日 3回阪神8日
10R 第15回 プロキオンS(G3)
3歳上オープン・ダート1400m

【過去10年の脚質別連対数・データとポイント】
先行馬の前残りが多発!
ハイペース必至で1400mの持ち時計を重視。


プロキオンS過去10年の脚質別連対数逃げ馬は2連対しているものの2着まで。
中心は7勝2着3回で10連対と抜群の成績を誇る先行馬。

逃げ(0-2-1-7)連対率20.0%
先行(7-3-2-21)連対率30.3%
中団(2-4-5-51)連対率9.7%
後方(1-1-2-44)連対率4.2%

逃げて連対したは00年のエイシンサンルイス(2着)、02年のヤマカツスズラン(2着)の2頭のみ。以降は3着が一度あるだけで、逃げ馬は展開が嵌らないと厳しそう。

中心になってくるのは、その後ろに控える先行馬
10頭の連対馬のうち、メンバー中あがり3F最速だった馬が2頭、2位が2頭、3位が1頭。残りの5頭はそれ以下だったことからも、上がりの脚はそれほど要求されず、4角で2〜4番手程度まで前に進出できるか否かの展開がポイント。小回りの福島ダートコースでは前がそのまま残る可能性が高く、いい脚が使えても後方一気は届いていません。

さらに過去10年のレースタイムを見てみると、1分22秒台の決着が7回あるように、スピードも問われるのがこのレースの特徴です。ダートの短距離路線(1400m)で1分22秒台の持ち時計がある馬を探してみると、ダイショウジェット(1分22秒1)、ワールドハンター(1分22秒3)、セレスハント(1分22秒8)がトップ3。

ダイショウジェット(牡7)は出走距離に幅があるものの、良績があるのは1400〜1600m。昨年オープン勝ちもある阪神なら注意しておきたい一頭です。

☆【第46回 七夕賞 予想】穴は軽ハンデの逃げ馬! 前々で競馬のできる逃げ〜先行馬を狙え!

[七夕賞] ブログ村キーワード

2010年7月11日 2回福島8日
9R 第46回七夕賞 (G3)
3歳上・芝2000m

【過去10年の脚質別連対数・データとポイント】
穴は軽ハンデの逃げ馬!
前々で競馬のできる逃げ〜先行馬を狙え!


七夕賞過去10年の脚質別連対数4連対の逃げ馬と8連対の先行馬が中心。

逃げ(2-2-1-7)連対率33.3%
先行(4-4-2-24)連対率23.5%
中団(3-1-4-42)連対率8.0%
後方(1-2-3-32)連対率7.9%
マクリ(0-1-0-3)連対率25.0%

逃げ馬と先行馬だけで12連対と、連対の半数以上を逃げ馬と先行馬が占めています。
中団や後方からの差しも決まってはいますが、中団〜最後方からマクって連対した8頭のうち5頭は、最終コーナーで5番手以内の好位につけていた馬でした。
ある程度前につけられる馬でないと、連対は厳しいかも知れません。

さらに連対馬を絞り込む上で注目したのが、比較的はっきりと特徴が出ていた年齢。

4歳(0-2-2-11)連対率13.3%
5歳(3-4-5-33)連対率15.6%
6歳(5-2-1-24)連対率21.9%
7歳以上(2-2-2-41)連対率8.5%

過去10年間の勝ち馬の半数5頭を占めたのが6歳馬でした。2着も2回あって勝率15.6%、連対率21.9%と共に優秀。
次いで5歳馬が連対率15.6%。2着が2回あるものの勝ちがない4歳馬が、連対率13.6%で続いています。

今走で出走を予定している6歳馬は全部で7頭。
その中でもバトルバニヤンは先行して5連対。前走は休み明けながら、同競馬場で福島テレビオープンを快勝。夏場は好成績を挙げており、叩き2戦目の今走はさらに期待が持てそうです。
2010年07月06日

☆【第15回 プロキオンS 2010年】前走OP戦以上で3着以内!二桁着順なら2走以内にOP戦3着以内が必須!

[プロキオンステークス] ブログ村キーワード

2010年7月11日 3回阪神8日
10R 第15回 プロキオンS(G3)
3歳上オープン・ダート1400m

【過去10年の前走着順別連対数・データとポイント】
目安は前走OP戦以上で3着以内!
二桁着順なら2走以内にOP戦3着以内が必須。


プロキオンS過去10年の前走着順別連対数連対馬20頭のうち7割以上にあたる15頭が、前走で3着以内に好走していた馬でした。

前走1着(6-2-2-22)連対率25.0%
前走2着(2-2-1-10)連対率26.7%
前走3着(0-3-1-13)連対率17.6%
前走4着(0-0-1-7)連対率0.0%
前走5着(1-1-1-10)連対率15.4%
前走6〜9着(0-0-1-29)連対率0.0%
前走10着〜(1-2-3-32)連対率7.9%

前走4着馬には連対がないものの5着馬も2連対。二桁着順だった3頭の扱いが難しいところですが、基本的には連対の前走目安は3着以内、広く見てもせいぜい5着以内までと考えて良さそうです。

一方で二桁着順から巻き返した3頭を詳しく見てみると、うち2頭(06年1着メイショウバトラー、03年2着ツルマルファイター)は、2走前にオープン戦以上で3着以内に好走していました。前走5着以下に敗れた馬は、このあたりが目安になってきそうです。

前走、前々走と2走続けて馬券対象から外れた馬だと、今走での巻き返しは厳しいかもしれません。

前走のレース別成績も見てみると、特に抜けた成績なのが前走欅S組。[4-3-4-23]で7連対と、他の路線を圧倒しています。さらにこの欅Sで3着以内に好走していれば、[3-2-1-4]で連対率50%と抜群の成績。

今走で欅Sから出走を予定している馬は1頭、勝ち馬ナムラタイタンのみ。好走条件の「前走オープン戦以上で1着」の馬はもう1頭、天王山Sから出走するサマーウインド。やはり人気実力共に、この2頭が中心となりそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。